夫婦の離婚理由と浮気癖、家族の幸せ

探偵・福岡事務所「帝国法務調査室」の相談員、赤崎です。

梅雨前に各地大変な豪雨で被害も出てきているようです。

天候に関係なく稼働する調査員から雨の中「接触はしているのですが、ホテル入んないです」と、浮気調査の定期報告として連絡を受けました。

雨の中デートを楽しんでいるのか?

「もしかして相手女性に都合の悪い日?」って事よくあります。

ご相談・ご依頼時に、浮気妻の「生理日」等お客様から話される事もあります。

無頓着な夫かなと思いきや妻の生理日はしっかり把握されていたりします。

それだけ悩まれてのご相談時の今と言う事でしょう。

さて本日のテーマは「夫婦の離婚理由と浮気癖、家族の幸せ」です。

先日、磯野貴理子さんの離婚報道がありました。

24歳年下夫と再婚されていました。

脳梗塞で倒れた時、たしか「夫に救われました」と話していたと記憶しています。

後遺症も無く幸せに暮らされ、仲睦まじいものと思っていましたが、離婚理由に「子供が欲しい」と夫の言葉にあったと言われます。

子供は授かりものと言います。

子供を理由にされる離婚。

悲しいと云うか、寂しいと云うか、辛いと云うか、なんとも空虚感が漂います。

今欲しくても出来ない方も多いと聞きます。

子供が欲しいから離婚したい?との理由が全てだったのか。

この辺りは本人ご夫婦、はたまた夫の裏の顔を見るしかありませんが、きっと他に理由はあったはずと思われた方も多いのではないでしょうか。

年下の夫を持つ女性には、ある時期から覚悟しているのだと聞きます。

年の差を埋められない代わりに「夫に甘くなる」とも聞きます。

一例として、妻に無いものを求め、浮気に走る年下夫等もいたりします。

少々の事には目を瞑る姉さん女房・・・それを良いことに次から次に浮気。

当探偵社にご依頼された時には、浮気発覚が4回目だったり、5回目だったり、ってことは多々あります。

遂に堪忍袋が切れた奥様からのご依頼・・・調査期間中には、浮気相手にすら二股かけての浮気でした。

十数年の結婚にピリオドをうった奥様・・・勿論夫や数人の相手女性へ法的手続きをされたようです。

数人の過去の浮気相手の女性の中には「慰謝料請求期間3年」を過ぎていた方もいたそう。

以前の浮気調査の不倫相手にも手続きを取られましたから、当事者にしてみれば、きっと忘れたころに請求が来たと、ヒヤッとした事でしょう。

年の差婚以外にも、様々な形のご夫婦がありますが、どんな形のご夫婦でも当人同士幸せな時期があった事に間違いはありません。

幸せな時期を過ぎ、夫や妻が浮気に走る。

浮気調査後夫・妻は謝罪し改心したものの、浮気された側は事あるごとに思い出す程、トラウマとなり深い傷を負います。

人間って厄介な事は、辛い思いを何時までも忘れないものです。

時には忘れる努力をとも思いますが、一番の癒しは、目前の家族との団欒、幸せを噛み締める事でしょう。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。