探偵事件簿 探偵事件簿

夫からあの女性の話題がピタッと停まった

あれだけ話題にしていた女性の話がピタッと止まる時があります。

例えば、会社の女性の話題だったり、子供の習い事に来ているママさんの話題だったり。

あれだけ話題にして、「こんな子なんだよ」「かわいいんだよ」と話していたのに、思い返せば『急に』話題にしなくなった。

浮気してるのか|探偵事件簿-福岡

しかも最近は家庭内では終始ぶすっとした態度で、妻に対する態度は最悪。

どうも誰かと比較して文句を言って来てるなと感じる。

そうそのタイミングこそ、話題に出ていた女との関係が始まって少し経ち、調子に乗り始めた頃だったりします。

機嫌は悪くない、もしくは機嫌を取って来る頃はまだまだ始まったばかりです。

さすがに妻も、無関心を装っていても、おかしいと感じ、浮気してないか?との疑いが確信へと変わり始めます。

だから、その確信を持った疑いを、オススメ出来ませんが夫に真正面からぶつける訳です。

夫にして見ればヤバいと思う反面、心の中で思っているのは、女と自分の事。

バレた事で、これから思うように外出出来なくなるなと云うフラストレーションの予感。

ホント自分の事ばかりで、お互いイライラも最高潮となって行きます。

その騒ぎ方も色々あります。

直近で家出なんて強行する浮気夫もいますが、大抵の浮気夫が決め手にして切り込んで来るのは、どんな妻も多少怯んでしまう『離婚』の一言。

過去繰り返し申し上げて来ましたが、慌てないで下さい。

対処方法は幾らでもあります。

その『離婚』と云う勘違いの魔法の言葉で人を傷付け、突っ付いて来る妻を黙らせようとしてきます。

ビックリしますよね。
でも妻が黙り込むから繰り返し攻めてくるし、ひるむと思って騒ぎの度に口にし始めます。

攻め手がこれしか無いから後先考えずに言って来る。

その後には、メシがないだの、掃除がしてないだの、態度が悪いだのと自分のやってる事は棚に上げて、『俺を信じない妻、疑われる被害者を演じ』自室に閉じ籠もる始末。

部屋が無ければ車とトイレをちょこちょこ往復してはスマホをいじり倒し、『家にいると具合が悪い』と言う。

しかし、その割には、筋トレしてプロテイン飲んでダイエット。

風呂上がりにチラッと見ると鏡の前でポーズまで取ってたりもするから、まぁウソです。

鏡の前でポーズする夫|探偵事件簿-福岡

シングルマザーの女が相手だと、女の差し金で妻の座を狙って来ます。

自分は一切表に出ず、痛手もなく、影で暗躍して離婚させたい。

巧みに夫を誘導して来ます。

自分が仕掛けといて、『私はやってない』『私は言ってない』って逃げ道を確り効かせつつです。

浮気夫はバカみたいに操られ、ご丁寧に言われた書類まで用意。

妻に詰め寄ります。

『この書類にサインして。』とサインと印鑑まで押した離婚協議書をチラつかせ、『籍だけ抜いてくれたら、今までと全然変わらんから』と言う。

そんな騙しのテクニックまで駆使してどうにか一旦はお外でおイタしようと躍起です。

そうその程度の浅はかな計画。

繰り返しになりますが、必ず裏では女が手グスネ引いてます。

でも我々探偵さんが確り崩して行きますから安心して下さい。

正月前には、家を飛び出し、ご丁寧に引っ越しまで完了し、新年を不倫相手の女と過ごそうとする浮気夫も実際います。

弁護士事務所へ相談に行き、帰りに賃貸アパートの鍵を受け取って、家を出るのを強行した今年の年末。

キッチリ新居を探偵さんが暴き、把握してます。

転居当日から夜中に来た不倫相手のシングルマザー、逃げ得は絶対許しません。

浮気夫の引っ越し|探偵事件簿-福岡