探偵事件簿 探偵事件簿

会社内でのダブル不倫、実態と手近な安心感

夫のお仕事も中年になってくれば、そこそこ立場も上がって管理職、役職に就き始めるでしょう。
役職ともなれば「立場もある」「社内の女の子には手を付けない」なんて何かの折に言ってたりします。

しかし実際は上司と部下の不倫なんて良くある話、
取引先だとか、お客さんだとかに仮に手を出し、問題が表面化すると、
口を塞げない。
立場も弱いもんです。

しかし、知らない女だと
「やっぱりヤバいよね。」
「病気とか恐いよね」
って事らしい、あんだけカッコつけといて、
安心させといて、
手近なとこに手を付ける浮気夫、不倫上司って多いです。

本日のテーマは「会社内でのダブル不倫、実態と手近な安心感」です。

過去事例です。

会社勤めの夫、とにかく行動がおかしかった。

これまで繰り返しお話しして来ましたが、浮気の兆候としてピッタリ当て嵌まり、おまけにラインの記録から、すべての写真が不倫関係を物語っていたのでした。

妻は夫を問い詰めたところ、全てを認めて謝罪。

相手は、出会い系サイトで知り合った女で、ラインやライン電話でやり取りしていたから
どこの誰かは知らない。

もう二度と関係はしないし、終わりにする。
だから穏便に済ませて欲しい。
と夫。

これまでの夫婦関係や、子供の事、そして離婚では無く素直に認め(いえ、認めざるを得なかったのですが)謝罪している事から、
今回だけは・・・と、寛容に穏便に済ませた妻でした。

その後しばらくは、家族サービスもするし、子煩悩に休日は過ごす夫、これってどこの家庭も同じですが、しばらくは大人しく、そして献身的に信頼回復に努めようとしている風です。

当初は安心していたが、半年もすると、少しづつ様子が違って来た。

慣れもあるし、許しも得たから、だんだん不遜な態度になっても仕方が無いって処もありはします。

妻にしてみれば、また繰り返すんじゃないかと不安を抱えている訳ですが、
普段通りに生活していた訳です。

そんな生活の中、8ヶ月目、やはりどうしても不安が残った妻。

探偵事務所へと浮気調査依頼へお越しになったのでした。

浮気夫は、別れたとは言いいつつも、相手の素性については何も知らない等と、
言わなかった事もあり、
正直、本当に別れたのか、同じ女と続いてるのか分からないのが現状。

同じ職場の女では?の探偵さんの問いには、
「会社の女性とそんな事は絶対にしない、と、強く言っていた事が過去に会ったので、それは無いと思います。」と妻。

・もう浮気はしていないのか?
・黒ならばその証拠と
・相手がどこの誰なのか、身元をハッキリさせたい
と云う趣旨でのご依頼でした。

手掛かりとしてあるのは妻の記憶。
夫のスマホで見た女性は、40代で痩せ型、髪は肩位の色白で、口元にホクロがある派手な女性だったと云う手掛り。

写真を見れば、その女性かどうかは一目瞭然との事でした。

「今日は遅くなりそうだ」と、夫からメールが来た日、
その日の夕方から夫の勤務先で張り込みを開始した私達探偵さんは、
自転車で退勤する女性を見ていたところ、
口元にホクロがある地味目の女性を確認、髪型も肩黒いで痩せ型と、特徴が一致する女性を撮影したのでした。

早めの到着でもあり、一旦女性をマークし、とある一軒家に帰宅する女の姿を確認。
身元を判明した後に、妻へその女性写真を見せた所、
「ラインで見た女はこの女だったと思いますけどー・・・」との事。

電動自転車を全速力で走って追う。
そんな時ってたまにあるんですが、正直死にそうです(汗)。

派手な女性だったとの事から、この地味な女性で間違い無いかと言われれば
「うーん、たぶん」。
写真と実物、写真と写真を照らし合わせる、いわゆる「面取り」なんて言ったりしますが、往々にしてそんなものです。
慣れないとむずかしいんです。
プロでも似た人と間違いって事だってある世界。

話を元に戻します。

その後も「ゼイゼイ」言いながら張り込みを続行。
会社の職員も全員帰宅したと目された21時過ぎ。

はい、するとやって来ました不倫相手の女性。
先ほどの女。
しかも派手な化粧で。

浮気夫の車に乗り込んで移動し、
後は定番のラブホテルで3時間休憩からの退室、
そして帰宅でした。

こんなもんです。

会社の女の子には手を付けない。
大変な事になる。
立場があるから。
そんな事したいなら、お金払って外ですればいい。

そんな感じの事、カッコ良さ気に行っておりましたが、
そもそも外に飲みに行って急に女と出会って鼻の下伸ばしてヨロシクやるなんて事あろうはずがありませんし、
出会い系だって、どんな女が来るか分からないし、病気だの美人局だのって考えてたらそんな賭けには乗っかれない。

結局は手近な女が安心安全なのか、社内で、しかも独身ではない既婚の家庭の主婦さんと、W不倫って関係、多いんです。

男からよりも、むしろ女の方から、ちょっかいかけて、ヨロシクやりたいって淫らな考えだったりするのにプラスして、
巧く行けば自分の社内での立場作りが加味されて、楽になるなんて考えまで持ってたりしますから、
性質が悪い。

結果、浮気調査後ですが、
「住所が知りたい」「女性の名前は?」「家族はどうなってます?」
浮気確定後に出て来た矢継ぎ早な質問。

一度は信じたし、
社内の女じゃないって信じてたのに、
結局終わらなかった。

その上、W不倫だった。

優しい顔していたら終わりません。
今度は根絶やしに致しましょう。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。