不倫相手にバツイチ子持ちが多い浮気夫の裏事情

浮気する夫が妻と話し合いの際、こうほざいた方がいます。

「バツのある女は落とし易いんだよ」と。

これ、「なぜあの女だったのか」の妻の追及に対し答えた理由の1つ。

失礼極まりない話ですが、
多少一致する面もあったりします。

本日のテーマは「不倫相手にバツイチ子持ちが多い浮気夫の裏事情」です。

これまでの探偵さんの経験からお話しすると、
「バツ1子持ち」の離婚経験者が、不倫相手の女として登場する事がかなり多いものです。

かなりの頻度で相手が似通った素性だったりする。

浮気夫と別れた後、保育園や学童保育へお迎え、「ん、あらら子供がいた。」ってケースは絶えません。

私は不倫なんてしない離婚経験者の方にはご容赦ください。

さて、浮気夫がなぜ、バツイチ子持ち女性にどっぷりドハマりしてしまうのでしょうか。

浮気夫が女性と知り合うキッカケ自体、そもそも限られます。

職場の女性が多い訳ですが、割とスムーズに話ができて、会話も通じる30代40代の女性となると、比較的仲良くなれる確率が上がります。

独身女性の既婚の男好きって女性もたまにいますが、
基本的には妻子持ちの男に誘われてフラフラって事はあまり無い。

過去がある女性にしてみれば、ずいぶんハードルを下げていて、
さみしさからつい、この出会いは大事にしたいと心動かされる事になる。

「もしかして・・・」と浮かれたり、妻子持ちの男に警戒が低く、
そもそも不倫自体に罪悪感があまり無かったりする。

夫にしてみれば、夫もおらず1人者だし妻冴え抑えれば危険は少ないし、
一緒にいて楽しかったり、体の関係は続けたい、
そんな欲が「ま、いっか」と遊びから始まったりするもんです。

不倫相手の女は、
「独りでさみしかった」
「今はなんとなく彼に支えられてる。」
妻子はいるけど無理は言って来ないし少し刺激もあって丁度いい。

そんな程度に、両者共に非常にハードルが低くなって、
道徳観なんてものは度外視してたりするものだから繋がり易い訳です。

なんとなく勢いで誘ってみたらついて来た。
あの時のドキドキ感が今も続いてる。
愛情云々なんてものは無関係。

特に女性も30代・40代に差し掛かると性にも開放的で、
男性を求める身体的な事も関係しているとも言われていますから性質が悪いんです。

探偵さんの処でも、毎日浮気相手の女と密会、
車内でチョメチョメだとか、
ラブホでチョメチョメ、
しかも週に3~4回と元気なのが多い。

女は人の母、正しい道を行くべきなんじゃないか、
なんてそんな頭は一切ありません。

自分にも子供がいる。
そして相手にも妻子がいる。
そんな事はお構いなし、ヨロシクないとは分かっていますが、
自分の目前の幸せ、快楽を求める為ならそんな事は一切関係ないんです。

単なるそんな関係ですから、
根本的に夫は妻子捨ててまでって気持ちで始めた関係じゃありません。

女の家にまで押しかけて、子供にはいいおじさんのフリまでして就寝を待ち、
夜な夜なベッドへダイブしている不倫関係。

はたまた女は、子供を家に放ったらかしで外出、ホントに大丈夫なのか。

お互いに全てを賭して男に走ろうとまでは思っていない、ただの都合の良い関係でスタートしているそんな関係。

だからって許されるものでも無い。

長期化して関係が深まらぬよう、大至急で終わらせなければなりません。

自身の子供と不倫相手の女の子供、そして妻まで不幸にする愚行。

終わらせましょう。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。