不倫の行く末、恋愛は本物なのかどうか

恋愛の末に将来を誓い合い結婚。

浮気・不倫するって事に罪悪感が一切無いって人はそういないでしょう。

たまに最初っから麻痺してる浮気夫・妻も不倫相手もいますが、どんな輩でも心の片隅に罪悪感の欠片は残っているもの。

どれだけ浮気夫や不倫妻から浮気によって苦しめられる事になっても、
結果的に、妻はこの浮気夫と結婚したし、夫はこの浮気妻と結婚してしまった訳です。

出会って、ただなんとなくくっ付いて、籍を入れただけなんて事は無いはず。

少なからずどこか惹かれる処があって「この人と人生を共に歩む」と云う決心をしたはずです。

この決心自体は、とても重要で、相当な覚悟をもって決意したはずでしょう。

なんとなく気が合ったからなんて事は無く、確りとした覚悟を以って家族になった訳です。

この結婚へ向かった二人の硬い意志に間違いは無いはずで、否定は簡単ですが、これが誰しも気軽に結婚するようになったら、ある面、社会全体が成り立たないでしょう。

 

しかし、不倫はただ「なんとなく」から始まる事が多い。

ただ乗っかりたいだけのお二人。

癒しを求めて関係している内に、関係が深まって行く。

その内、本当の愛はここにあるんじゃないか?なんて不倫を美化し始めて、どこまでも気持ちが進んで行く。

思い込み的な洗脳的なものでしか無い訳ですが、そう思い込んじゃうバカな二人。

一方、もしくは両方にはそれぞれ家庭がある訳ですが、どんどん楽な方楽な方へと進んで行って、ただただ陶酔しているだけだったりしますでしょう。

しかし、表には立てない。

本物だって二人ではコソコソ話し合ってはいても、影でコソコソやってる内は本物なんて程遠い関係な訳で、どちらも言い出さない背景には訳がある。

本物と思うならば堂々とすればいいんです。

本物の愛とやらを盾として、戦っちゃえばいいものを、影に隠れて責任逃れを画策している、だからこんな言われ方になってしまう。

でも浮気夫も不倫妻も、密会の内は良い事ばかり言い合ってるものの、口じゃ言う程別れられない。

ただ悪戯に不倫関係を引き延ばしを企てている、その場限りのお遊びって事に気付く迄には、今の家族に大きな代償が必要だって事が分かっていない。

思うままに、気持ちのまま進んで行けばいいんだなんて事は、結局、家族が成り立たないし、そもそも結婚なんて制度が成り立たないでしょう。

とにかくです。

表に堂々と出て来れない二人の関係はその程度。

不倫の末に影だけで密談している二人の恋愛なんてたかが知れていると云う事。

しっかり責任を追及して、おバカな考えを正して行きましょう。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。