探偵事件簿 探偵事件簿

不倫している夫、浮気相手の女がサメて思うアレ

普通の感覚なら既婚の男と恋愛しようなんて思いませんが、既婚であっても構わない、既婚の男が魅力的だなんて思っている女性って実際います。

身勝手で利己的だけれど、誘いに乗る旦那も旦那なんですよね。

結婚に夢でも持ったのか、自分が良ければ他はどうでもいい、目の前の男がいればそれでいい、この恋が全てなんだなんて(怒)、不倫関係によって人生を狂わされる妻の身になってみろっ!て話です。

夫婦関係を狂わせて離婚させようなんて画策は阻止しないといけません。

そこで夫が外でおイタしている状況を知った今、関係を断つ方法を考察して行きます。

本日のテーマは「不倫している夫、浮気相手の女がサメて思うアレ」で進めて参ります。

旦那の不倫相手は会社の同僚じゃないかと考えると、年下の独身を想像します。

実際には、相手も既婚のダブル不倫だったりって事も屡々ですが、独身の年下だと、若い女だから純愛なのかって想像は、意外とそうでもありません。

モテない女が引っ掛かるって事でもない。

要するに現実的で現代的な実弾。

そう『お金』です。

高い処で飯食って、高い所に泊まって、良い思いしたらそれで良いって体を開くバカモノ。

だから別に彼氏がいたりもする。

過去、対峙しようと妻が電話して「くれてやるから後はヨロシク」って言うと、『すみません。そんなつもりありません』ってやんわりお断りされる不倫相手の女の台詞はたくさん耳にしました。

言われた妻も、なんか白けて夫に冷め冷めするって気持ちです。

家庭崩壊など問題は大きくなり得ないのですが、問題は、独身の女でも、バツイチ子持ちの女の方が問題で、じめッとしてる。

影に隠れて、貪欲に水面下で仕掛けて来ます。

誰しもそうじゃ無いって前提で言わせて頂きますが、やっぱり怖いのはバツイチ子持ちの不倫相手、かなり手強い。

そして浮気夫を誘導して来るからかなり苦戦して、夫を通じてイジメが入って来るし、精神的にも厄介です。

出会いでもあればいいのに、とにかく向こうから食い付いて来た獲物は絶対に逃がさんとばかりに、夫をあの手この手でその気にさせて行く。

ある種、洗脳のような状態で、新手の新興宗教かって処でしょうか。

とにかく厄介なので関係を断つためには、戦って行くポイントやコツがあるので、お金はかかりませんからぜひ無料相談してタイプ別に聞いて下さい。

じゃあ生涯独身の女性の不倫はアッサリなのかと言えば必ずしもそうではありません。

結婚をあきらめて、青春の全てを既婚の目前の男に費やしたって女も問題。

不倫関係も麻痺して当たり前、結婚にも出産にも希望の光を無くし、期待すらしなくなった浮気相手の女も中々しぶといです。

過去、繰り返し申し上げて来ましたが、『そのうち飽きて別れるから様子見で』なんて静観とか、『子供の事もあるし、話すとキレるからそっとしておく』なんて放置は決して良い事はありません。

とにかく不倫相手の女の気持ちを冷めさせるには、自分があくまでも影の女である事を悟らせる事でしょう。

「毎日ケンカばかりで家じゃ嫁から酷い目にあってる」とか、「子供が高校を卒業したら必ず離婚する」なんてセリフが全て繋ぎ止めるためのウソだとハッキリ思わせる事です。

不倫女が既婚の男との恋愛に冷める場面として上げられるのは実例としては

妻に浮気がバレそうな際、慌てる姿を目にして
いつも公の場で会えず、堂々と手繋ぎデートできない
友人の結婚式に出て、未来に不安を感じた時
いつまでも別れないのに不安だと束縛して来る身勝手な姿を見て
体調が悪く一人で寝ている時
休みの日に一人で過ごし、電話すら出来ない時

など言われますが『さみしさで目が覚める』って事でしょう。

このあたり当探偵事務所ホームページ本体のコラムを参考に。

さてです。

証拠を以って、法的手続きを経ての追い込み、その過程で自らが、問題の最前線で矢面に立つ事になれば真実を知り、自ずと解決の糸口が見えて来ます。

問題を一人で抱えない事、放置せず解決に向け一つずつ取り組んで行く事、その解決へ向けた家庭がきっと、皆さんの支えとなるはずです。

平穏な生活を取り戻す。
良好な夫婦関係、子供との親子関係を取り戻す。

解決に向けお一人で取り組んで行くのはご不安なもの、証拠のみならず、話し合いや解決に向けた取り組みなど、ご一緒に考え取り組み、最後までご一緒出来ればと心から願っております。