一線は越えていないと言い張る浮気夫・妻たち

三者三様の浮気現場。

先週から3人の浮気夫を追って来ましたが、3人いれば多様な不倫関係が見えて来ます。

土日はお仕事のサービス業の浮気夫さん達。

今週の平日、最後のとどめを刺しに行きます。

さて本日のテーマは『一線は越えていないと言い張る浮気夫たち』です。

色々な不倫夫、浮気妻と対峙して来ましたが、この職業だから浮気はしないって事はありません。

警察官だって、役所の職員だって浮気はするし、人の先を生きてるって云う学校の先生だって、ましてや校長先生だって浮気してたりするものです。PTAと。

はたまた法律家だってそう。

弁護士さんだって浮気はするし、お坊さんが★☆さんとって時は、まさか!って、正直クラクラしました。
こんな色狂いの道徳や倫理感が通用しない世界。

まさかあの人がって事だって良くあります。

浮気をしてはいけない立場にある人が浮気をする時って、最近よくあるのは、ホテルを利用しなければ、「浮気してない!」「一線は越えてない!」って言い張れると思っているのか、不倫相手と車内でエッチってパターン。

RV車が流行っている事や、乗り回しても感じが良い事もあって、有識者って言われる方々も、セダンよりRV車を乗り回す。

不倫相手をササっと後部座席に乗せて、山手に移動して、車内でってケースはよくありますが、誰かに見られても、何とか誤魔化せると思っているのでしょう。

「絶対やってない!」って言い張るつもり。

そんな常套句で逃げ切ろうとする浮気夫たちはたくさんいますが、でも甘い。

車内でガッツリ女の上で腰振ってる姿を撮ってます。

真っ暗なら撮れないだろうって頭が働くようですが、真っ暗なほど、我々探偵さんの姿は闇に紛れるため、相手から見えない。

薄暗い方が、こっちの姿が見えちゃうため、真っ暗な中での撮影・行動の方が、実は楽だったりって話です。

とにかく浮気夫が言う、
・やってない
・一線は越えてない
・会っただけでそんな関係じゃない
って言葉で濁す。

不利になるような事を白状する人って殆どいません。

認めても、『ただ会ってただけだ』ってだけで言い張ってきます。

要するに、こそこそ会ったりはしたけれど、不貞行為は行っていないって、苦し紛れの責任回避。

誰が聞いたって、「それ間違いなく浮気だよ」って状況でも否定して、すっとぼけを続けて行く。

ですから、言い逃れできないように、ポイントを確り押さえる訳です。

ラブホテルからニヤニヤして出て来る2人。

不倫相手の部屋でシッカリ電気まで消してやることやってる状況。

車内ならば、モロモロ見え見えで撮って行く。

「色々と相談に乗ってただけ」「お話ししてただけ」・・・なんてうまい事逃げようって夢心地の2人に、しっかり認めさせて社会的責任を取らせなきゃ。

こんな卑怯な浮気夫・不倫妻との問題をタダでは終わらせないために、探偵さんの証拠はキッチリ要所・要件を押さえて戦いに挑む準備となし得ます。

絶対に「一線は越えてない」なんて、ガッツリ一線を越えてる輩に言わせません。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。