えっ!浮気の証拠もホテルの種類で浮気じゃないってなっちゃうケースがあるの?

人生の折り返し地点を過ぎた男女が不倫するドラマが放映され、話題になっています。

泥沼不倫の話しを美化しているだけではないかと苦言が殺到したとも言いますが好みも人それぞれと云った処でしょう。

「残りの人生をどう過ごすか」というような思いは、中年の男女ならば、自らの人生について誰しもが一度は考えるものですが、男女関係のみが人生の全てではありません。

ドラマの主人公と自分を重ねるのもドラマの一つの楽しみ方ですが、入り込み過ぎて不倫を美化したり、ご自身が不倫したりなんて事になられぬようご注意なさってくださいね。
折り返しの年代は、40代後半から50代の方々の年代でしょうか。

探偵・福岡事務所の調査員Fさんも折り返し年齢で今日が誕生日です。

仲間からの祝福を受けていたFさんは良き夫( ´艸`)良き父親と仕事人ですね。

さて今回は「えっ!浮気の証拠もホテルの種類で浮気じゃないってなっちゃうケースがあるの?」がテーマです。

浮気夫や不倫妻が、浮気相手とホテルに入って行く場面を「撮影した!」って探偵さんから報告を受けて、これで絶対に一安心なんてホッとしていませんか?

ホテルでも種類によったり、確認事項や状況によっては、裁判上などで必ずしも浮気としてとして取り扱ってもらえるって事では無いんです。

この辺りは、にわか探偵さんにもご注意頂きたい。

生活に余裕が出来た夫や妻は、色を好む人もいます。

必死に自分磨きをする夫や妻など、素敵な事ですが、異性交遊が絡んで来ると大問題です。

そんな浮気や不倫の一例。

エステサロンやネイルサロン、ダイエット目的に通うジムなどには奥様方の予約で一杯と聞きます。

ビフォーアフターではないですが、最近綺麗になった奥様を心配されて「平日の妻の行動・浮気調査」をご依頼されるご主人様も時折いらっしゃいます。

「大丈夫とは思うんですがね・・・」なんてお言葉の下の調査依頼です。

奥様の行動はと云えば、友人達とのお茶会やショッピングが確認されたのですが、調査実行から6日目、男性との密会が確認されていました。

想定外の結果に動揺されたご主人様から調査を継続して、浮気相手の男性の身元・素性を確認してほしいとの事で調査続行。

平日の午後自宅を出られた奥様が向かった先は某ホテルのロビーでした。

そこには、前回の浮気調査時に確認された50代男性の姿があり、二人は同ホテル内のカフェで飲食後、『シティホテル』の最上階の部屋へ入室して行きました。

調査部から状況報告を受けたご主人様は動揺する気持ちを抑えられず、ついつい「今何してるんだ!?」と電話したようです。

奥様は「数人の友人の名前を挙げながら、皆と食事中」だと涼し気に答えられたそうですが、肝の据わった妻の答えに夫はゾッとなさったようでした。。

男女が長時間同じ部屋にいたと言う事を以って、浮気の事実があったと断定されるとお思いの方もいらっしゃいますが、ここが要点として「ラブホテル」と、「シティホテル」や「ビジネスホテル」の入室を比較した場合、不貞行為と入室時のみの状況だけで断定されるのは「ラブホテル」であって、その他のホテルでは同室に一緒に入室する姿が無ければ相手方の否定があると不貞行為の断定には繋がり難かったりもします。

サンタのラブホテル|探偵事件簿-福岡

サンタのラブホテル|探偵事件簿-福岡

そう、ここで例を出してお話し差し上げた通り、『シティホテル』の最上階の部屋へ入室ってところ。

同じ部屋に入室したと云う事実が確認されていなければなりません。

「別々の部屋に入室した」等と言われては、不貞行為の事実の認定は困難です。

勿論、両名はフロントを通して部屋へ向かうのですから、確認の方法としては様々な照明の方法がある訳ですが、同点は様々なコツがございますので、探偵事務所としては大事な証明行為の各ケースとして知恵を以って対応する訳です。

むやみやたらと浮気調査の回数を重ねて、結局は不貞行為の立証にすらならなかったなんてケースを探偵業関係の協会関係者から聞く事もありますが、賢明な皆さんは昨日今日探偵になった俄か(にわか)探偵にはご注意為されればと願っております。

 

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。