いきなりの離婚要求の裏に浮気あり

近年、高齢者の交通事故が多発、ブレーキとアクセルの踏み間違いや、一方通行である進入禁止先への逆走等が多く聞かれますが、非常に危険で重大事故に繋がる可能性が高い事は言うまでもありません。

男女の問題についても、『ボタンの掛け違い』等と比喩表現がありますが、浮気による離婚なんてものも、例えば「心無い言葉かけ」「自己中な行動」と云ったものが積み重なって、後々、心離れと云う重大事故の要因を作っているのかも知れません。

離婚問題等でも、双方の意見が全く違ったり、一方的な理由で求めて来たりする事がありますが、『納得が行かない』離婚と言えば、いきなり豹変して言って来る夫・妻の離婚要求です。

そう、今回のテーマは、『いきなり豹変する夫・妻、離婚要求の裏に浮気あり』です。

最近まで、離婚話なんて全く無かったし、平和に暮らしてた。

なのに、急に些細な事を注意したり指摘したりして、時が経つにつれエスカレートし、結果的に「お前(あなた)とは暮らせない」と豹変するパターン。

そう、こんな場合、ほとんどのケースが背景に『浮気』があるものです。

急に離婚話が出て来た方の多くが、『この前まではなにも言って無かったのになんで??』って疑問を口にされます。

それをそのまんま離婚を求めて来る夫・妻に尋ねると決まって帰って来る答えは『前からそう思ってた。』ってセリフ。

「なんかおかしい」って疑問から始まって、真実を知りたいと「探偵」って選択肢を持てた方は、真実を知る事が出来ますが、『そんなに不快にさせてたのか・・・』『そうなんだ、私が悪いんだ・・・』なんて思う素直な方は、浮気夫・不倫妻の意のままに誘導されてしまいます。

誰が考えても分かる事なんですが、浮気夫・妻が、正直に「私、好きな人出来たから」だとか、「実は俺、浮気している」なんて言って来る事はありませんよね。

離婚するって決めて、不倫相手とどう進めるか話し合って、計画的に離婚は無しを進めて来る事になりますよね。

相手の意のままに、浮気サレ妻・サレ夫は非難され、上手に誘導されて、財産も全て渡して不利な条件を飲まされて離婚。

場合によっては、もっと悪い場合だって、「あなたが悪いんだから」って浮気夫・不倫妻の言葉にコロッと騙されて、悪い事なんて無いのに、慰謝料だって言われて何百万も払わされてって事だってあり得る現実にあった話です。

もう離婚する為なら何だっていいんです。

箸の上げ下ろし、寝顔までもケチをつける浮気夫・不倫妻がいる。

以前も書きましたが、離婚する理由は様々ではありながら、こと背景に色々な事情があるから離婚する事を急ぎ、求めてくる訳です。。

早急に離婚したがる夫がいれば、その裏には女性との新生活を夢見てなんて事もありますが、それだけに限りません。

浮気相手の女性が妊娠などすれば早く離婚したいって事になるでしょうし、離婚する為にどうしたらいいかって事まで、女が指示して来る。

なかなか細かな手厳しい処まで男が言って来るようになった場合が、浮気夫が不倫相手の女と一緒の時に、グチグチ悪口言われて洗脳されてるって思っていいでしょう。

その洗脳された状態で、妻に対して不倫相手の女から聞かされたままに、言われたままに、言葉にしてぶつけてきているって事になります。

こうなると『浮気夫 対(VS) 妻』の構図では無く、『不倫相手の女 対(VS) 妻』って事になって来る訳です。

不倫相手の女にとって、妻の立場は脅威です。

いかに頑張ろうと、妻の立場って社会的にも家族的にも守られていて、自分自身が弱い立場で、あくまで「影の存在」って分かっている。

だからこそ、あがいてもがいて、苦しみを浮気夫にぶつけて来るし、浮気夫はぶつけられたグチを全て真に受けて、「言わなくたっていい事」まで、不倫相手の女が「まさかそんな事まで言う必要ないでしょ!」って言葉まで浮気夫は妻へぶつけてくる事になる。

不倫相手の女にしてみれば、男が全部口にして、妻にぶつけているなんて思っても無いかも知れませんが、出て来るセリフが昔の夫、以前の性格からはとても考えられない言葉が出てきているのは、間違い無く聞かされ、結果的に言わされてるって事を知っておきましょう。

そこはもう、浮気調査で証拠を得て、不倫相手の男や女を引っ張り出して、大事になる前にキッチリ成敗してやりましょう。

お困りの浮気問題の事、先ずはぜひ、当探偵・福岡事務所までご相談下さい。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。