『女とは終わった』でも離婚したいと言う浮気夫たち

当探偵事務所「帝国法務調査室」の大塚律子です。

本日のテーマは「『女とは終わった』でも離婚したいと言う浮気夫たち」です。

パートナーから感じる違和感は様々ありますが、皆さん言い知れぬ不安を持って日々をお過ごしである事は変わりありません。

パートナーがいつもと何か違う…。

初めて感じたこの違和感を心に持ちつつも、
いつかは戻って来るのでは無いか、
信じてみよう、
いや、信じれないと、毎日一進一退です。

結果、色々と悩み時間が経つにつれて、問題が大きくなってしまいます。

探偵さんに浮気調査を依頼なさる奥様方の多くは、浮気夫にどんなに優しく問い詰めても、浮気の事実を認めるはずが無い事は良くご存知です。

だから証拠を取り、不倫相手の素性を探って、言い逃れが出来ないように、上手に追い詰めて行く。

そうする事によって、ようやく話し合いが出来るようになります。

結果は、
認めて謝罪。
「もう二度と会わない」
「女とはもう別れる」
ここまでは皆さんこぎつける事は、多少の山場はあってもそう難無く可能です。

証拠があれば、真実に裏打ちされた問い詰め方が出来ますから、あまりてこずる事無く行き付くでしょう。

しかし、ここからもう一歩先に進まない。

嫌な態度を続ける浮気夫は皆さん同じというべきか。

女とは別れたと言いつつも、帰宅後の態度は明らかにおかしい。

口数も少ない。
目も合わさない。
寝室には来ずリビングで寝る。

そんな毎日を過ごしている中、急に言い出す言葉。

『離婚したい』

ホント急に言い出します。

理由は取って付けたような『性格の不一致』

「女がいるからでしょ」と当然問い詰めはしますが、
”それは絶対に無い!”、と完全否定。

「お前の性格が無理」
だとか、
「一緒にいても意味が無い」
だとか、
「このまま一緒にいても不幸なまま」
「幸せにしたいなんて思わない」
そんな言葉が並びます。

妻にしてみれば、女と別れ暫くしても気持ちが戻らない事態に、心もへこみます。
「私も悪かったのかなぁ」とご自身を責める方まで出て来ます。

しかし、本当にそうでしょうか。

この辺りは取り込まれないように注意しましょうと再三過去の記事でもお話しして来ました。

夫を、そして家族を取り戻すまで、自己反省は非常に大事なものの、ひとまず置いておきましょう。

浮気発覚後に夫が取る態度は2つに別れます。

反省して完全に女とキレて態度が改まり家庭に気持ちが向くのが1つ目の態度。
もう1つが女と続いてて離婚を言い出すと云う態度。

「なんで男ってこんなに分かり易いの?」なんて、うちの探偵さんや相談員の皆と話す事があるのですが、
浮気発覚後、性格の不一致を以って離婚を言って来るケース、
再調査をおすすめして探偵さんが浮気調査を再度実行すると、
ほぼ90%以上、同じ不倫相手と密会しています。

こそこそとスーパーの駐車場で会ってみたり、
ホテル付近のコインパーキングに停めて、女とホテルの部屋で待ち合わせてたり、
車を他所に停めて、わざわざタクシーで移動して、女の新居を訪問したり、
ホントお馬鹿な浮気夫たちって、
考える事とその行動が共通してます。

「性格の不一致でやっぱり離婚したい」
そう言い出した場合、
『おそらくまだ女と続いてますね。』
と半ば断言してお話ししています。

だからです。

絶対に突然の離婚要求に対してそれを真に受けたり、ご自身を責めて反省のスパイラルに陥ったりと、
惑わされてはいけません。

女がいるから強気に出ている。
女がいるから孤独感がない。
女がいるから家庭から離れたい。 そして
女を慰謝料の対象から遠ざけたい、守りたい。

だからです。

そんな身勝手な考えにまともに付き合っていては、こちら側がまいってしまいます。

絶対に離婚を受け入れない事、そして慎重に様子を見極めて、真実を再度あぶりだす事、
上述のアドバイスを参考に、よく浮気夫さんを見定めてみて下さればと思います。

ご自身で見極めが難しい。

そんな時は、いつでもご相談ください。

私達専門家がいつでもお力になります。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。