「絶対に一線は越えてない!」って決まり文句

探偵さんは、苦しみ抜いた依頼人方皆さんと、問題解決までたくさんご一緒させて頂いた中で、多くの事を学んできました。

夫婦関係を取り戻したい、家族関係を回復したいと願われる中で、無責任な浮気夫や不倫妻が言い逃れに最近良く使われる言葉があります。

「一線は越えてない」や「黒でも無く白でも無く、グレー」って言葉。

どこぞの芸能人が、TVで答えていた言葉だったりしますが、とにかく社会的立場がある人ほど、後の展開が恐いのかホント言い訳がひど過ぎる。

だれも信じないようなウソを平気でぶっ込んで来たりしますが、恥ずかしくはないのかと是非問いたいもの。

ご依頼者の皆さんも、そのウソで言い逃れされない為にって探偵さんを通じて浮気の証拠を握る。

そして、黒なのか白なのかって問い詰める訳ですが、ハトが豆鉄砲くらった顔して黙り込んだり、逆ギレして来る不倫夫や浮気妻はいます。

その上で逃げ切れないと追い込まれた際の一言。

本日のテーマは「絶対に一線は越えてないって決まり文句」です。

浮気夫・不倫妻が言う「一線」ってものは、要はエッチしたのかしないのかって事ですが、世間的にはラブホテルまで行ってれば当然アウトでしょう。

この辺りは、日本の裁判所ではラブホテルの入室であって要件を押さえていれば、不貞行為があったと裁定されているものです。

しかし、夫婦間での話し合いって事になれば、ラブホテルに行ってても、不倫相手の女の家に上がり込んでいても、「何にも無かった」「やってない」って言い張る。

たまに白状して謝罪する浮気夫・不倫妻もいますが、殆どの場合は肝心な部分を濁して来ます。

『確かに良い雰囲気にはなりかけたけども体の関係は無いって』宣ったりするもの。

「浮気してました」ってあっさり認めるとは思っていないし、自分に不利になるような事を言っては来ないとは思っていても、往生際が悪い訳です。

家の中では、ただ相談に乗ってただけだし、他の友達も来てたから・・・だとか。

ラブホテルの中では「あれしてこれして、あーしてた。」だからやってない。そんな関係じゃないって言う。

そして繰り返される『何でそんな事言うの?』『証拠でもあるの?』って質問に対する質問。

要するに、目前の妻は、夫は、今回の浮気の一件で、「何をどこまで握ってるのかなー?」って処が気になっている。

握っている内容によって、どう誤魔化すのか考え、辻褄を合わせようと必死な訳です。

上手く行けばどうにか誤魔化して、この難局を乗り越えて、やり過ごし、あわよくば不倫相手を表にする事無く、関係を今迄通りこっそり続けたいと思っているものです。

どんなにその場限りで、浮気をぼやっと認めていても、言葉だけでは決定打にはなりません。

またラインやメールだと、微妙なところで逃げられたりすれば証拠にはなりません。

浮気夫・不倫妻が、ラブホテルに出入りする。
更にはその出入りの姿を密着して撮る。
不倫相手の家に出入りして、消灯して宿泊乃至一定時間を過ごす。
更には、繰り返し出入りや宿泊していて、徒ならぬ関係である事を証明する。
車の中、後部座席に移って、「××Xやっちゃってる」ならば、行為を撮る。
更には夜間ならば暗視機材でガッツリ撮影。

見え見えではあっても、ウソをついて言い逃れようとする浮気夫・不倫妻がいる限り、われわれ探偵さんの浮気・不貞行為の証拠は有無を言わさぬ決定打として、きっとお役に立ちます。

どうかしている浮気夫・不倫妻に対し、「絶対に一線は越えてない」ってたわ言を、グッ飲み込んで貰いましょう。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。