「信じないのならもういい」と出て行く浮気夫たち

夫の浮気問題において、どう対処するのか。

主婦である妻にとっては、離婚云々の話だけではなく、金銭面でも不安は大きいものです。

だからこそ、夫には家庭に向き直って欲しい。

そう願われて当然です。

不安な材料が目の前に落ちていると、つい言いたくなるもの。

もっと見えないようにやってくれた方が、まだ気に病まないのに、ポロポロうそがこぼれて来るから目につく訳です。

休日出勤が増え、飲み会が増え、車内でお泊り、出張でお泊りと、理由もワンパターンになって来て、だんだん同じ内容を口にしだす頃には、疑いも確信に変わっていきます。

『浮気してないよね?』

人によっては意を決して口にします。

すると夫の返事は『なんで?』と質問に質問で返して来る。

ここで妻は色々あやしいと思う理由を述べるでしょう。

帰宅時間や外泊、スマホの事からラインまで、気になるあの事を全部ぶつける訳です。

しかし答えは95%は『そんな訳ない』と否定。

たまにいます。

認めちゃう夫。

そして土下座して謝罪する方。

しかしそれは例外の5%。

基本的には完全否定で終わる。

証拠出せから始まって、誰か言ってる奴がいるのかと追求。

その上、証拠が無いと見るや一転。

ガミガミ怒鳴って来る始末。

疑った側が悪いんだと詰め寄って来ます。

そしてそれに乗じて『信じれないならもういい』と。

何をするかと思えば家を出る準備を始めます。

これは人にもよりますが、期間はバラバラ。

その日だけの外泊もあれは、1週間、長ければ数カ月の場合もある。

とにかく突付けば怒鳴り散らして、家を出る理由を与える事にしかならない。

苦言を逆に利用されて外泊のスキを与えるなんて意味分からないもんですが、不倫なんてそもそも意味不明のそんなもんです。

ただヤリたいだけの夫のお遊びに付き合わされてるってだけだって多いでしょう。

ただしです。

放置すれば問題の種は大きくなる。

とにかく急ぎ芽を潰すこと。

体のいい理由を付けて出さない事。

外泊だとか別居だとか、好きに自由に他所でお痛できる環境を与えちゃ絶対にダメだって事です。

好き勝手な振る舞いを止めるには、証拠を確り握ること。

そして、ハッキリした不倫相手の存在、身元を以って、不倫関係を潰しにかかる必要があります。

何も準備せずに、話し合えば向き合える正しい男もいはするでしょう。

その正しいと表した話が通じる浮気相手でさえ、終わらせられるかと云えば○か☓かの二択。

そう、不倫相手を守りに入るが故に、おいそれとは認めない。

そんな背景が問題を複雑にし、長引かせ、家庭から遠ざけてしまう事にもなります。

不倫問題の解決にはスピードも大事な要件です。

立ち止まって考えるよりも、少しでも解決に向かっているはず云う状況こそが人を強くするもの。

共に問題解決に向かって取り組んで行ければと願っております。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。