独り暮らしの部屋から消えた息子の行方

こんにちは!探偵事務所「帝国法務調査室」の赤崎です。

月日の経つのは早いもので、2月も半ばを過ぎてしまいました。

3月・4月は、卒業式・入学式、新社会人と若者達が巣立つ時季でもあります。

卒業と新しい門出を仲間と外で祝う事すら出来ない今、多くの店は閉まっています。しかし実際にはキャバクラでは、朝キャバクラ、昼キャバクラ、深夜迄営業しているお店があるのが実状です。

夜の世界は、行き場を失ったお金の無い若い娘さんや息子さん達が飛び込みやすい世界である事は間違いありません。

家族が心配する中、お若い方達の中には、行方不明である娘さん・息子さん達が飛び込み、働いていた事例は実際多いものです。

行方不明の娘がキャバクラ、更には風俗店で働いていたり、
引きこもりの息子に発破をかけようと苦言を言うと飛び出し、
寮付きの風俗店のボーイとして働いていたって事も近時の調査事例としてあります。

今回のピックアップ事例は、大学4年生の息子さんが行方不明のケースです。

福岡の私立の亡大学に進学し、大学生4年となっている息子さんが2度目の留年

親としては無駄なお金、そして無駄な時間。
「何やってたんだ!」って怒りたくなる気持ち、よくわかります。

繰り返し責められる事となったのですが、卒業だけはしたいと云う本人の意向もあり在学を決める中の出来事。

ある日、講義にも出席せず姿が見えないと学校から連絡がありました。

そこは放任と自由が両立する大学での生活、気付いた頃には3ヶ月が経過。

心配になられた依頼人となった両親は息子のアパートへ行かれました。

しかし、部屋の鍵は掛かっている。

大家さんに頼み込み合鍵で部屋へ入ってみると、比較的スッキリはしているものの生活感が無い。

そんな中、1日も早く探して欲しいとの息子さんの行方調査のご依頼でした。

調査を進めると分かった事は、大学の友人はいないこと。

同級生の友人は皆、大学を卒業して就職しており、学内では比較的ひとり孤立していた様子。

講義も1人で受け、1人帰って行く様子だったと言います。

学内で交友していたものはおらず、アルバイト先に望みをかけました。

しかし、アルバイト先でも既に一緒に働いていた学生さん達は卒業し、本人も半年以上、シフトに入っていないとの事で、『ご心配ですね』って店長の言葉以外、依頼人にお伝えする内容はなかったのでした。

仲の良い友人もいない、アルバイト先でも交友者無し、交際相手の姿すら感じられない。

そんな折、調査は急展開を迎えます。

当探偵の独自のルートから、福岡から広島へ向かっているとの事。

ある日、シャワーの利用の為か、ネットカ〇ェを利用した記録に引っ掛かり、情報を得た調査員は現地へ急行しました。

なぜ広島?と云う疑念から聞くに、依頼人曰く、広島には知縁は無いと。

その広島の先の岡山。

そこが祖父母が暮らしていた場所だったとの事でした。

調べてみると本人が利用したネットカ〇ェは国道2号線上。

福岡から国道3号線を北進し、国道2号線へと移行

本人は、歩いて北進しているんじゃないかと予測。

国道2号を岡山へ向かう歩行者を1人ずつチェックして行ったのでした。

結果、リュックを背に歩いている本人を発見。

道の駅の出入り口でリュックを枕に眠る本人の元へ依頼人両親を案内し、発見と至った事がありました。

当て所無い旅だったようですが、目的地が欲しくて岡山に向かったと。

特には何かをしたいと云う気持ちも無かった。
と言います。

しかし、思うのですが、彼は自分に何かやり遂げる事を課す事によって、乗り越える事が出来なかった後悔と不甲斐なさを払拭し、自身の精神を保ちたかったのではないか。
そう感じます。

それに加え、なんとなく寂しくなって、亡き祖父母との思い出の地を選び向かわれたのではなかったか、そう感じたものでした。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。