夫との決別の不安感と妻の自立不安

当探偵・福岡事務所の女性相談員・赤崎です。

とある勉強会に参加して来ました。

40代半ばから60代後半の十数人の女性がメインの会。

勉強会の後の食事会の際、夫婦の問題や浮気・不倫問題が話題になり、こっそり横で聞いていた私です。

話題の中には、先日亡くなられた女優の樹木希林さんのお話し等もありました。

彼女の夫との結婚生活は実質2年。

別居生活43年の関係。

夫婦の形は様々だと考えさせられます。

だけど、浮気夫を持った一般の家庭の妻って、もっともっと大変だし、もっともっと孤独なんですよね。

夫の浮気を知った時から湧き上がる不安感。

そう言えばって思い返せば思い当たる節がたくさん出て来ます。

当探偵・福岡事務所へ浮気調査をご依頼頂く女性の多くが、普通のご家庭の主婦。

子供の出産で前職場を退職し、今では偶にご近所でパート勤務。

生活面って夫が頼りになって長くなった今では不安。

これって子育て世代を経るとごく自然な流れだったりするものです。

だから浮気夫と慌てて離婚するより、離婚せず、夫を上手に誘導し、賢く立ち回るのも一つの方法と考えてしまう。

正しいか間違いかは状況次第であって相手次第。

心の優しい人だったら良かったなぁなんて思いますよね。

夫の浮気は許せないものの、生活費(婚姻費用)を受け取りながらゆっくり暮らせば害は無いとも言えるでしょう。

しかし、優しい人柄の夫ばかりじゃない。

帰って来ても粗探しされて文句ばかり。

『飯は?』なんて言われ、ささっと作っても黙々食べて、何も言わずに席を立ついつもの無関心な態度に、淋しさとイラッと感を持ってしまう。

それならいっそのこと帰って来ない方が良かった。

帰って来ても、不遜な態度を見て注意すると、倍返しのつもりか、自分の事は棚に上げて嫌な言葉を機関銃のように撃ち放して来る事や、生活費などお金を盾にして黙るよう圧をかけて来られると、もう会うのが不安、恐怖でしかありません。

黙って世話して、引きつった笑顔で気持ち的には追い出したい。

予定外に必要な頼み事は、子供を盾にやるしか無い。

本当に情けない気分になりますが、そう『もうここは自分の足でしっかり立ち上がらないといけない。』

お気持ちお察しします。

独りで決断するには迷いがあって選びきれない。

本当のご自身のお気持ちと、お子さんの幸せを大事に、最良の方法を共に考えて行きたいと、お気持ちが痛いほど分かるが故に、心から願っております。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。