夫婦の事情で離れた子供・父母の行方・現状

6月16日(日曜日)は父の日です。

 

「理想の父親」についてのアンケート調査と云うものがあり、「父親好きですか?」との問いに「好きです」と答えた人は半数以下でした。

しかし、ハッキリと「嫌いだ」と答えた人はわずかだったそう。

少しホッとはしましたが、男性って、父親って、損な役回りだなぁ・・・等と思ってしまいます。

本日のテーマは「夫婦の事情で生き別れた子供・父・母の行方・現状」です。

小さい時は「パパ大好きー」「パパと結婚するー」と喜ばせていた娘、はたまた息子と、夫婦の離婚等によって、離れ離れになってしまう事は、離婚の数だけあるものです。

幾ら、子供への愛情をお持ちでも、どんなに子供との生活を望んでも叶わない事があります。

夫婦関係が悪化すれば、別々の道を歩む事になってしまうのは仕方の無い事、避けられないものです。

離婚直後、子供も小さい内は、面接交流によって、定期的に会っていた息子や娘の少年少女時代も、成長によって青年期となれば、親から徐々に遠退いて行く。

これは成長の過程なんだと分かってはいても、寂しいもの。

幾ら会いたいって気持ちを心に持っていても『子供の意思を尊重する』って点から考えれば、無理矢理会うって事はちょっと出来なかったりするものです。

徐々に徐々にと、縁遠くなって、学生時代の勉強にバイトにと忙しくする子供も、社会人になればもっと時間が無くなって、余裕も無くなって行く。

大人になって、恋愛して、結婚して、子供が産まれて・・・と、風のうわさでは聞いていたけれど、直接聞こうにも、前妻や前夫の連絡先は既に分からなくなってしまった。

今の妻、夫と再婚する際に、過去は置いて来たって事もあって、既に長い時が経ってしまい、どうにも今さら感が否めない。

『でも気になるんです。』と、離れ離れになった娘さんや息子さんの今について、調査したいと云う人探し・行方調査身元調査のご依頼は良くお引き受けします。

昨今は、個人情報保護の厳重化もあって、幾ら実父であったとはしても、戸籍や附票は取れないもの。

色々、自分なりに調べてみたけれども、結果、行方は分からないって事は多々あります。

我々探偵さんが、戸籍や附票を取れるってもんではありませんが、色々な調べ得る別の情報や手段はそれに限らず色々と所有しているもので、どうにか皆さんの想いを叶えているのが現状です。

これは、親が子を探すって場合だけではありません。

子供が、行方知れずとなった父親(母親)を探したいと、同じく行き詰ってご相談や調査依頼を頂く場合があります。

結婚した。

子供が産まれた。

色々あったけど、父(もしくは母)に知らせたい。

こうした優しい思いをその場で行き詰まらせてしまう必要は無いと考えています。

行方探しは、100%絶対と云う類のものではありませんが、当探偵 福岡事務所は多くの情報ルートや手段を持ち、きっと想いを持つ親子の関わりを実現したいと日々尽力しています。

子供が親を探す場合は、「会いたい」と云うお気持ちが多いものですが、
親が子を探す場合は、
『会わなくていい』『現状を知るだけでいいんだ』と云う方もいらっしゃるもの。

”今が知れれば、写真を見て元気にしている姿が分かればそれでいい・・・”と仰る方も実質、半数近くに上ります。

色々な想い、色々な表現の形があります。

止む無く擦れ違い今となられた中で、実の親、実の子供の行方について、心残りをお持ちの折には、当探偵事務所の人探し・行方調査について、ぜひご相談頂ければと願っております。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。