探偵 福岡「不倫って、不法であって違法でない」

今朝、通勤途中で幼稚園バスを待っている数組の親子が居ました。

そこにカバンを手に走りながら来る女児がいて、待っている一人の男児のほっぺにキスする光景を見ました。

運転していた私は思わず可愛いと笑顔になりました。

朝からおませさんな「ほっこり」にニンマリってお話しでした。

さて、本日、「不倫がバレる」と、不倫の発覚を恐れ意識を失った男性を放置した51歳の女性が逮捕されたと報道がありました。

ホテルの部屋で男性が意識を失い、呼吸が止まった事に気づきながら放置して部屋を出ようといたが、支払いが出来ておらず出られなかったそう。

結果、男性の意識が無いと119番に連絡。

男性が意識を無くしてから15分経過しての通報、男性は搬送先で死亡が確認されたものでした。

早い処置があれば、助かる可能性があったかも知れない。

不倫は不法であっても犯罪ではない。

自らの行為に責任が持てなかった事が結果、犯罪を犯すことに。

逮捕されるなど思いもしなかった事でしょうが、人の命と不倫の発覚を天秤にかけたと云う、人として間違った判断を後悔する事でしょう。

男女は、それぞれ別のホテルで働く従業員同士の不倫だったようです。

他の誰よりもホテルの設備等にも詳しいはず!

女性の保身だけを考えた結末は不倫の罪と助命できなかった罪を背負っていかなばならないのです。

安易な考えが大事になる事を知ってほしいものです。

定期的に友人たちグループの飲み会に参加するのですが、たまたまですが、他の数人の女性グループとよく一緒の時があります。

其の中にラブホテルの従業員らしき50代の女性がおられます。

彼女の話から恋人か不倫関係のカップルなのかはすぐわかるそうです。

また、初めての利用、常連かも見分けられるそう。

利用後の部屋を見ると性格や上下関係までわかるとも。

時には顔見知りの方の利用があったと苦笑していました。

勿論プライベートの事、秘密の厳守はしっかり守られているようでした。

当探偵社にご相談の中に、『今、夫がラブホテルに入っているんですが、すぐに映像を撮ってもらえませんか?』と緊急な浮気調査依頼のお電話が入る事があります。

慌てる奥様に詳しく聞きますと、奥様は数ヶ月前からご主人様の浮気を懸念されて、個人で追っていたとのこと。

緊急の要請は、依頼時の法令上の説明責任や依頼手続きの関係からお引き受けできるケースは稀です。

当日は落ち着かれるようお話しし、その場で最低限自らできる証拠収集を調査員を通じてご指示、後日、当探偵社にご来社頂きました。

ご来社下さった奥様は、当日のお電話とは別人のように落ち着いた印象の奥様。

当探偵社独自の7日間パックBを提案差し上げご依頼となりました

調査開始日当日から、ご主人は某ホテルの駐車場へ、助手席から降りてきた女性と部屋へ入る様子が撮られています。

その後も数回同女性とホテルを利用されていることも確認。

女性はご主人と同じ職種のドクターで、W不倫だったとも聞きました。

世間体を気にする奥様は調査終了後は第三者の介入も望みませんと言われ、自らで解決の道を模索されたようでした。

8年位前の話しですが、時折、ご主人や相手女性ドクターのお話を耳にします。

きっとご自身の家族を守り、相手家族にも配慮されて解決なさったものと思います。

 
 

当探偵・福岡事務所は、24時間365日、いつでも結婚調査・浮気調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査に出動致します。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思いますが、多くのご相談者の方々と問題解決に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。