「ダークウェブ」インターネットの暗部

皆さんは、当探偵事務所のブログを見ている時点で既にインターネットを使っていますよね。

ホームページやSNS、動画などを見て色々楽しんだり、便利なツールとして利用したりするでしょう。

しかし、皆さんがアクセスしているサイトは膨大なネット情報の中のほんの氷山の一角に過ぎないと言う事をご存知でしょうか。

インターネット上での違法な取引の調査は、公的機関からの依頼もあり、当探偵事務所でも調査を行った経歴がありますが、広大な場所である事を嫌と言う程思い知らせらました。

皆さんご存知だと思いますが、その殆どが皆さんが立ち入ったことの無い領域なんですね。

それが『ディープウェブ』より以下の領域です。

まず最初に、普段皆さんがアクセスしている場所は『サーフェスウェブ』と云う領域になります。

サーフェスは「表面」と云う意味なので、その名の通り表面部分ですね。

facebookやインスタグラム、ツイッターなどのSNSやYoutubeなど、普段使っているもの。

ここは、googleやYahooなどの検索エンジンで検索したらヒットするようなサイトです。

誰でも見れる状態にある氷山で言えば見えている部分になります。

分かりやすいですよね。

検索したらヒットするようなサイトが『サーフェスウェブ』です。

じゃあ次はもっと深くまで潜ってみましょう。

続いては『ディープウェブ』と云う領域になります。

簡単に説明すると、『サーフェスウェブ』と『ディープウェブ』の違いは、googleやYahooなどの検索エンジンで検索したらヒット「する」か「しない」かの違いです。

『ディープウェブ』は、googleなどで検索しても、探す事の出来ないサイトです。

この『ディープウェブ』は、『サーフェスウェブ』の500倍のページ数があると言われています。

それは膨大で、『ディープウェブ』をページに表すと約5000億ものページ数になると言います。

お気づきの方もいると思いますが、『ディープウェブ』も実は皆さんが毎日アクセスしている場所でもあるんですね。

メールや何らかのパスワードが要求されるサイトにアクセスしますよね。

それは全部、『ディープウェブ』の一部になります。

人のメールの内容をgoogleで検索しても、さすがにヒットしませんよね。

なので、この『ディープウェブ』は基本的に、様々な資料が保存されている場所だったりもします。

個人情報や政府や企業の資料などもこれにあたるでしょう。

ただ、まだ次があるんです。

さて、更に深く潜って行きます。

みんなアクセスできる『サーフェスウェブ』から、パスワード等が要求される資料が眠っている『ディープウェブ』と来たら、次は『ダークウェブ』です。

『ダークウェブ』は『ディープウェブ』の一部だと言われているんですけど、特定のネットワークでしかアクセスする事が出来ないような領域です。

なので普通の方はアクセス出来ないですね。

しようと思っても、違法行為などが行われていて、巻き込まれる事があるので、良い事は無いですね。

さて、では『ダークウェブ』には何が眠っているのか。

一般的に知られているのが、通販サイトやオークションサイトです。

ただ、amazonや楽天のような通販ではありません。

『ダークウェブ』で取引されているような商品には、「違法ドラッグ」や「武器」、「流出クレジットカード」等、取りあえず一般的には取引できない違法なものが取引されてるんですね。

 

実際に2011年に立ち上がった「シルクロード」と云うサイトが、違法取引サイトとして有名となりました。

様々な違法薬物を販売する違法取引サイトでしたが、2013年にFBIが閉鎖して、「シルクロード」を開設したロス・ウィリアム・ウルブリヒト(Ross William Ulbricht, 1984年3月27日 )は逮捕され終身刑となりました。

ロス・ウィリアム・ウルブリヒト|探偵事件簿-福岡

ロス・ウィリアム・ウルブリヒト|探偵事件簿-福岡

現在も収監中です。

もう危険な領域と言うのが伝わりましたよね。

『ダークウェブ』は違法な行為がたくさん行われているんですね。

例えば「ヒットマン」などもその1つ。

『ダークウェブ』ではヒットマンを雇う事が出来るとも言われています。

ヒットマンとは「殺し屋」の事です。

一般人なら100万円からで、知名度が高くなる程、高額になると言います。

恐ろしいものですよね。

たまに海外の事件で殺し屋を雇うみたいな話しを聞きますけど、本当にこういった事が行われているんですよね。

ちょっと考えられないですよね。

ただ、もっと危険なもののがあるんです。

存在の有無は不確かながら暗部でささやかれるものの一つとして「赤い部屋」と云うものがあります。

内容的にはタランティーノの映画「ホステル」。

あれが現実に行われているところです。

見ている人がお金を払って、それに応じて行われると言います。

映画で作り物と知ってても吐き気がする程の狂気。

それが現実で行われているなんて想像が付きません。

あくまでも都市伝説なので実際は分かりませんが、『ダークウェブ』界では話題になってたらしいです。

また『ダークウェブ』ではビットコインで取引されると言います。

取りあえず違法で、恐ろしい物がゴロゴロころがっているのが『ダークウェブ』です。

今、書いたのは、これでもまだやさしい方で、目や耳を塞ぎたくなるようなものがたくさんあります。

ハッカー集団のアノニマスなどがいるような処が『ダークウェブ』ですね。

ガイ・フォークス・マスク| 探偵事件簿-福岡

ガイ・フォークス・マスク| 探偵事件簿-福岡

このダークな部分で、都合の良い隠れ蓑として、実際には政府が秘密情報をやり取りするような場合もあると言われています。

あと面白いのが、政府が凄腕のハッカーを雇う為に、『ディープウェブ』上に、超難関の暗号を残して行って、最後まで行き付いた人をスカウトすると云う話もあります。

暗号-Cicada 3301| 探偵事件簿-福岡

暗号-Cicada 3301| 探偵事件簿-福岡

たまにこうした話を聞きますが面白いですよね。

ネット上に暗号はたくさんあります。

このように、政府は違法行為が行われている事は全部理解しているんですが、あえて野放しにしているとも考えられます。

それは世の中のバランスを保っているからとも言われている。

世の中の闇と光を調和していると言いますが・・・普通に皆さんがアクセス出来るような場所では無いので安心して下さい。

こうした事には関わらず、平和に暮らしましょう。

 

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。