結婚調査と障害を負う家族

結婚は、他人同士が家族となる瞬間ではありますが、その家族は意とせず、そのまま家族の関わりの中で結びつきがスタートするものとなります。

その大事な場面となれば、相手の家族がどのようなご家庭であるのかは当然きになるところ。

転ばぬ先の杖として、当探偵・福岡事務所へ結婚調査をご依頼下さる事は多くいらっしゃるものです。

結婚調査では、ご結婚なさる相手となる婚約者は良いとして、その家族が大変きになると云う事で、特にはその婚約者が家族について多くを語りたがらないと云う点が、不信感を呼び調査に至るケース等もあるのですが、婚約者が隠したい事実が仮にあったとして、結婚は当人同士の事として、隠されていた事実を何も言わずに受け要れる事ができるのかと云う点が問題となります。

キレイ事を言えば、愛があれば大丈夫だ何てこともあるでしょう。

しかし、実際にはそうもいかないとする処も多くあるもので、調査の過程で様々な問題点を知る事は多くあるものなのです。

病などや遺伝性疾患の問題、障害を抱えた家族、法令で調べる事は出来ませんが、公表されているとすれば過去の犯罪の事実など、意とせず家族となる結婚の当事者以外の家族にしてみれば、知っておきたい事実。

ただし、非常に煙たい内容でもあり、自身方も相手方も、フタをして鎮火しててまいたい処でしょう。

同和問題と云った被差別部落の問題はあってはならない問題である事に異論はありません。

しかし、病の問題や犯罪等の風評被害や加害者としての責任を思えば、結婚前に知っておきたかったと、辛い過去になる可能性がある訳で、結婚の当事者には知る権利があると言えるものなのか否かについては、実際、議論があるところです。

滋賀県の20歳代の女性が、新聞でこう語っています。

兄のは脳性まひで重い知的・身体障害がある。

中学生になると、友人に兄の存在を隠すようになった。好きになった人にも言えなかった。

なぜ、言えないのか・・・・と、障害のある家族を明かせない辛さもありましょう。

結婚に進む同女性は、結果、意識を改めて堂々と兄の存在を語り、受け入れを得たのですが、こうした美談ばかりでは無い。

介護が必要な子供の首にロープを巻く親。

息子を檻に20年入れた父など、報道では介護側の辛さはさて置き、犯罪である事実が記されており、介護者が障碍者の命や自由を奪っている事実を見れば、こと生活となった場合にその先に嫁ぐ娘を思う父の気持ちは辛さを覚えるものでしょう。

社会全体が受け入れる必要性は分かっていて、受け入れなければならないんだと感じているものの、実際に自分がその立場になった場合でなければその行動はどう出るのかは言えないものでしょう。

結婚は、当事者のものだけではありません。

ご結婚のご当人と、そのご家族皆が笑顔で祝い合える形となれば、やはりきちんと相手の事を知り、生涯受け入れる強い気持ちを持って進んで行く事が必要でしょう。

色々な例を以って、ご依頼の皆さまに後の対処についてお話し差し上げておりますが、いずれの選択をなさるにも覚悟が必要ですね。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。