神隠し?ある日突然、人が消える現象

探偵事務所の本体ホームページでも人探し調査・行方調査のコラムとして、「ある日突然、人が消える現象」について真面目にお書きしました。

そこは本体だと文章も責任が重い訳ですが、ここは探偵事件簿の方なので、「神隠し?」なんてオカルト的な事も踏まえて色々と書いてみたいと思います。

日本では昔から、神が宿ると言われる山や町中で、人が突然消える現象が起きています。

特に神域ある山で消える事が多い事から神の仕業なのではないかと。

まあ、昔の日本は、交通網がしっかりしておらず、山で迷う事も仕方がなかったのかも知れません。

今ですら山岳事故も多い訳ですから。

数日彷徨い続けた人もいれば、帰らぬ人となった方まで。

しかし、中には天狗や、鬼の仕業とまで考えられていたので、鬼隠しや天狗隠しとも言われていたそうです。

ただこの神隠し、今も続いているんです。

皆さん分かると思いますが、現代では普通に「行方不明者」として扱われています。

時代が進むにつれ、神の仕業と云うよりは、現実的に、事件として解釈されるようになったのですが、日本では年間、なんと8万人の男女が行方不明となっています。

皆さんはこの数字をどう思いますか?

実は行方不明に合い易い、なり易い人のデータが出ています。

圧倒的に10代が多いですが、私見としては30代~40代の社会人男性が危険。

そして約6:4の割合で男性の方が多いものです。

小さい子供や知的障害者、産後の女性に多いと言うデータもあります。

とは言え、行方不明者の96%は、その後、所在が確認されているんですね。

※厳密には平成29年では96%が当日や翌日、一週間以内にはその殆どが発見されているが、2904人が行方不明のまま。

なので本当に見つかっていない行方不明者は、年間約3000人程度となります。

めちゃくちゃ多くありませんか?

普通に未解決の行方不明事件が、年間、日本で3000件近くあると云う可能性があると云う事になります。

原因は、家出、迷子、誘拐、拉致他などありますが、この拉致説。

日本には「特定失踪者問題調査会」と言う団体があります。

そしてそこには、日本近隣の某国が拉致したと思われる行方不明者のリストが存在します。

リストには氏名、生年月日から、失踪場所、失踪状況などが詳しく記されている。

英文名では
Investigation Commission on Missing
Japanese Probably Relatedto North Korea
略称(COMJAN)

訳すると、『おそらく北朝鮮に関連する日本人行方不明者の調査委員会』

※「特定失踪者」とは北朝鮮による拉致の可能性を排除できない失踪者を指す言葉

しかもその突然人が消えると云うルートも特定されていて、同じような手口を使って行方不明になる事が多いらしいです。

そして原因の中で一番多いのが、疾病関係。

解離性障害と云うものがありまして、ストレスなどによって、突然、記憶喪失になってしまい、行方不明になってしまうケースが多いんです。

これは年輩の方だけかと思いきや、20代でも普通にあり得るので、ストレスの溜め過ぎは良くないですよね。

ここで日本で有名な神隠し、行方不明事件を紹介したいと思います。

1989年に起きた、徳島県貞光町でのM君の行方不明事件。

M君の家族構成は、長女、長男のM君4歳、次男の子供3人と両親の5人家族。

ある日突然、母方の祖母が亡くなってしまい、親戚一同が妻方の実家に泊まりに行きました。

そして3月7日の朝、自宅周辺を家族で散歩し、家に帰ると、まだ散歩したいと言い出したM君。

お父さんは抱えていた次男を妻に預けるために、家の中に入り渡している中、長男・M君が家に入って来ないので、お父さんが玄関に行ってみると、40秒前にはいたはずのM君はそこにはいませんでした。

それからは警察・地元の方も総出で捜索するものの見付から無い結果。

この事件の不思議なところは、たった40秒の間に家の目の前にいた4歳の子供が完全にいなくなってしまうのは驚きですよね。

そして少し不気味なのが、行方不明になってから約1週間後に親戚宅にいるお母さん宛に謎の電話がかかって来たんです。

長女が通う同級生の母親から電話が掛かって来て、その内容が、「幼稚園で見舞金を集めたのでどこに送ればよろしいでしょうか?」「いつ茨城に帰って来るんですか?」と尋ねてきたそうです。

ただ後日、幼稚園に連絡してみると、見舞金を集めていたという事実は無く、同じ幼稚園に通っていたと言う電話の相手も結局、誰か分からないと言う事があったそうです。

まあ、たぶんイタズラの可能性が高いですが、未だにM君は見つからない未解決事件です。

それからは50回以上もテレビで特集され、目撃情報は各地で相次いで、有益なものもあったようですが、それでも彼の居場所は確認できていないんです。

事故説や誘拐説、あるいは神隠しなのか。

色々な考察があるんですけど、はたしてどうなんでしょう。

続いては

1991年に起きたMちゃんの神隠し事件。

福島県で7歳の少女・Mちゃんが行方不明になった事件。

Mちゃん家族は、Mちゃん以外に、両親、祖父母、Mちゃんの弟である長男・次男、そして家庭の事情でお父さんの姪と、その子の彼氏の合計9人で暮らしていたそう。

事件当日、母親の友達の娘2人が泊まりに来ていて、Mちゃんはその娘2人と3人で寝ていました。

女の子3人が部屋で寝ていただけのはずだったのですが、朝起きたらMちゃんだけが消えていたのです。

彼女は怖がりで1人では行動しない性格の女の子。

こうなると誘拐説が濃厚になってきそうですよね。

じゃあその時、家族は何をしていたのか。

Mちゃんの寝姿を母親が見たのが夜10時30分頃。

Mちゃんがいなくなったのを確認したのが、父親が仕事に向かう前に確認した朝5時30分頃。

7時間の間にMちゃんがいないくなった訳です。

基本的にほとんどの家族が何かしらしていたんですが、1人だけ非常に疑われた人物がいました。

それが姪の彼氏。

彼は、半年前からMちゃんの父の元で働いていました。

事件当日、行くはずだった旅行にお父さんから仕事を入れられ、行けなくなってまったそう。

また、元来、シンナー遊びをする事もあり、Mちゃんの父から叱られる事も度々で、それを恨んでいたのか等とも言われていたりしましたが、勿論、それだけでは怪しい事は無いもの。

じゃあ実際、彼は、その日どうしていたのか。

彼はその頃、公衆電話へ電話を掛けに出ていた。

後、友人と会うために、車で出掛けようとしたんですが、バッテリー上がりで車が使えなかったらしく、タクシーを使って現地に向かいました。

結局、彼曰く、友人は現れず、デパートのベンチで夜を明かしたと云うんですね。

当然、警察は彼を連行し取り調べを行うものの、タクシー運転手の証言や犯人特定への手掛かりがなく、結果釈放されています。

事件後しばらくしてのことですが、Mちゃんと一緒に寝ていた女の子が

「夜中に寝室に男が入ってきて、Mちゃんと雑談している姿を見た」
また、「夜中に女の人がMちゃんを呼んで連れ出した」との証言もありました。

最も興味深い証言は、彼がMちゃんに「夜の12時に一緒に遊びに行こうと誘っていた」という証言です。

子供の証言として警察は真に受けてはくれなかったようですが、真相はどうなのでしょうか?

解放された後に舞ちゃんのお父さんの姪と彼はホテルでシンナー遊びをし、その際に彼は「みんなが探しているところにMちゃんはいない」と口走ったそうですが、本人は認めていません。

彼は後に「時が来たら真実を話します」と意味深な言葉を発しと言いますが、彼が犯人なのでしょうか。

この事件は、今も真相は闇の中です。

2008年に起きた岡山地底湖行方不明事件。

高知大学・探検サークルの5人が、岡山県新見市にある鍾乳洞へ探検に行きました。

その洞窟は非常に大きく、全長1600mあり、 往復には6時間を要し、最奥部には水深32mの広大な地底湖が広がっているそうです。

そして今回の事件は、その5人が地底湖で泳いでいて30m先にある壁を1人づつタッチして帰って来る。

ちょっとした肝試し的な感覚だったのでしょうか。

 

1人の男子学生が真っ暗な中で奥まで泳いで行き、真っ暗闇の中、タッチと言う声が聞こえてきたため、すぐに帰って来ると思われたが、それから彼は帰って来る事無く、行方不明になってしまいました。

その後、調査隊も出動して捜索したものの見付からず、未だ真相は闇の中。

この事件の不思議なところは、無事帰って来た4人は洞窟内に設置して進んでいた洞窟内のワイヤーを、帰り道で全て撤収してしまったんです。

なので万一、残された男子学生が無事で帰ろうとしても、真っ暗な中入口に向けて進むための道具や手掛かりが無い事になります。

なぜ撤収してしまったんでしょうか。

この洞窟は、昔から神聖な場所で、神様が住む場所と言われていたといいます。

そこで神域に踏み込んだため起きた神隠しだったのかと噂された事もあったようです。

また、何かのトラブルに見舞われたのか。

この3つの有名な事件を読んでわかる通り、かつては神隠しとして言われていた事も、今では普通に行方不明事件です。

誰も見ていない所で、何かしらの事件が起きた。

事件被害者の方は、事件を風化させない為にも、もっと発信したいと言います。

未解決のままだと心が救われませんよね。

他にも勿論、解決した事件もあります。

1990年、9歳の少女が行方不明になった事件。

この少女は9年後に発見されました。

監禁されていた場所と言うのが、家族と住む28歳の男が少女を9年間監禁していたと言うもの。

驚きですが、母親はただ食事を運んでいただけであったため気付かず、9年もの長期間、少女の監禁に気付かず時が経ってしまったと言います。

このような拉致監禁も、行方不明者が年間3000人も不明のまま発見出来ていない事を思えば、身近で起きている可能性は充分あるでしょう。

解決事件、未解決事件合わせて、日本だけで年間8万件あります。

じゃあ世界ならどうか。

世界では、子供だけで、年間800万人が行方不明になっているんです。

広い世界ながら人間は70億人いて、子供1人探せないものなのかと思いますが、これも世界の闇の1つ。

色々な失踪説がありますが同点は別の機会にお書きしたいと思います。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。