独身となった父、恋愛と家族の心配

探偵事務所「帝国法務調査室」の大塚律子です。

恋愛とは心の内が関係するとても微妙な関係、
しかも好き合ってさらに将来に向かって共に時を進むと云う状況は、
奇跡なのかも知れません。

恋愛をすれば心も高揚し、心もスッとし、うれしい気分になるもの。

だからこそ異性からやさしくされると、「あれ…!?」「これは…!」と、つい期待してしまう人がいます。
歳と共に一人の時間が増え行く、そしてあまり人とお話しする機会が減った中、異性と接する機会があるとなおさらです。

本日のテーマは「独身となった父、恋愛と家族の心配」です。

30歳代女性からのご相談。

実家の父のことで…と、初めは少し話辛そうにされていました。

現在、父は一人で生活をしています。

2年前に母が亡くなり、私は、年に2回の夫と実家に行き、
時々電話で話す程度でした。

弟は、殆ど父とは接していません。

仕事も再雇用で、働いています。

先日、父から電話があり、
「付き合っている人がいる。」
「ずっと一緒に居たいし、遺産もあげようと思っている。」
「そのつもりなので。」
いつもと異なり、とても強い口調で。

突然の電話で、突然の発言。
何が何だか。
「急な話だし。」
「会ったことも無いのに。」
「簡単に承諾できる事ではないよ。」と父に言いましたが、
「そしたら、会いに来い。」と言い電話を切られました。

弟に連絡を入れると、「知らない。」と言い、やや無関心。

父の様子を見に行くように伝えたものの、「いつか、行けたら。」と言うだけで、未だに行ってはくれません。

その後、私から電話をしても変化はありません。

「父には幸せになって欲しいですが、騙されているかもしれない。」という不安でいっぱいです。

お父様の素行調査を開始します!!

業務終了後から、尾行開始したところ、自宅とは違う方向へ。

とある、デパート付近で女性と待ち合わせしていました。

合流するなり、化粧品コーナー、アクセサリー売場をまわり、お買い物後に照明の素敵なレストランへと向かわれました。

食事を終え、女性をタクシーに乗せて、見送るお父様。

その後、お父様は自宅へ帰宅されました。

土曜、日曜は近所にお一人で買い物に出かけるだけで、それ以外はご自宅に
いらっしゃいました。

一方、女性ですが、お父様の取引先で働く方でした。

まだ、29歳のお仕事を頑張っている方でした。

娘さんへ報告です。弟さんもご一緒でした。

報告書をご覧になられて…。
「思っていたより、若い方ですね…。」
「父が嬉しそうですね…。」
「おかしな相手ではなく少し安心しました。」
お言葉は少なかったですが、
「父を訪ねて、話を聞いてみます。」
と帰宅されました。

その2か月後に連絡があり、
父は
「交際はもうしていない。やめた。」
「これからは、自分のやりたかったことをやる。」
とおっしゃっていたそうです。

「父は、さみしかったのだと思います。私たちも、もっと父を気遣っていきます。」
と言われる娘さん。

改めて、家族の温かさを感じました😢

10代の男女は、成長段階ということもあり、
気持ちの勘違いをする事が、多いようです。

特に男性は、その気持ちの勘違いがあまり減少しないまま年齢を重ねていき、
60歳代になるとさらに孤独を感じることから、
10代のときよりも、高齢者は恋愛を求めてしまうようです。

よく行くコンビニのアルバイトの女の子。
積極的に話しかけてくれるから…。
彼女を好きになって…。でも、通っているうちに気が付きました。
他のお客さんにも優しく、誰とでも親しくなれるタイプの子でした。

一方で女性は、若年代ほど恋愛を求めてしまう割合が多いようです。
「会社の先輩がとても優しい人で、私は心のどこかで『私に気があるのかも…』と期待していた。しかし、しばらくしてから、彼女がいることを知ってちょっとショックだった。」

ご相談者のお父様や相手女性が気持ち勘違いかどうかはハッキリしませんが、
勘違いしないためには、常に客観的に見る目が必要です。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。