尾行は事前準備が結果の成否を分ける

猛暑が続いております。

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

探偵社の調査員達は、猛暑の中、本日、徒歩尾行にて追跡中です。

本日のテーマは「尾行は事前準備が結果の成否を分ける」です。

ひとえに尾行調査浮気調査と言いましても、対象者の行動によって、取るべき体制は大きく変わります。

まずは対象者の移動手段によって取るべき対応。

どのような交通機関を利用するのか、または自家用車なのか等、行動予測によって、調査上の事前の準備や下見、撮影のための対策を要するものです。

例えば公共交通機関を利用しながら不倫相手との待合場所へ行くとなれば、
バス、電車、地下鉄、タクシーなどの利用の可能性を考えると、調査発覚の危険性を鑑みれば、最低2名~3名程度の探偵さんが必要となるでしょう。

顔バレなんて良くある話ですから、人数は必要ですって話です。

そして徒歩で出れば、最初の行き先は最寄りのバス停、最寄りの駅。

バス、電車の到着待ちをする対象者。

その対象者の張り込み一つにしても、一番警戒の強い、動き出しの初動と言われるタイミングでは後ろに付きたくないもの。

こちらからは見えて、相手からは見え難い場所から張り込める形が理想です。

中盤から終盤の動きであれば、相手の動きに応じて適宜対応って処で、探偵さんの技量が問われる場面が否応なく来ます。

しかし、初盤の時点、対象者の間違いなく取る行動が分かっていれば、下見や準備を持って、安全に努める事は当たり前の事でしょう。

私にしてみれば、どーーしてもバレたくないし、
どーーしても見失いたく無いので、下見はキッチリとコッテリと、非常に時間をかけて行います。

これはその担当している探偵さんの次第ですが、うちの探偵 福岡事務所の探偵さん達は、キッチリ・コッテリ派です。

我々はこれが当たり前と思ってる。

しかし、実際には各探偵事務所の担当の探偵さんによっては、慎重さに欠け、不用意な者もいるのも事実。

ここに時間をかける会社かどうか、「下見とかされるんですか?」「今からすぐにバタバタでも対応できるんですか?」って質問されれば、
その探偵さんの答えによって、きちんと下見など事前の準備に確りと時間をかけている会社か見分けるヒントとなり、結果、探偵事務所の体質を知る事が出来るでしょう。

初めて見るシチュエーション、現況などを知らず、「はい、いつでもOK」って簡単に答えて来る探偵さんを、決して頼もしいと思われ無いこと。

単に無責任で、不用意なだけって事、しばしば、いえ高確率であります。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。