提携弁護士の判断を通す個別の確実な裁判資料収集で、安心の探偵業務を実行する福岡県福岡市の探偵・興信所。

探偵と警察の違い

HOME (探偵 福岡の興信所)>探偵と警察の違い

 「探偵と警察の違い」はあまり語られることの無いテーマですが、是非知っておいて頂きたいことです。

 探偵と警察の違いは、まず第一に「公権力」の有無が挙げられます。
※ここではお話しの前提として、憲法だとか、令状主義だとか、通常逮捕、現行犯逮捕、緊急逮捕だとか、そう云った重要ではありながらもお話しとして遠回りになる難しいお話しは抜きにしてできるだけ簡潔にお話ししてみます。
「公権力」とは、警察官を含めた公務員の方々が法律で定められた範囲の中で私たち一般人に命令や強制を行う権限のことです。
警察が持つ主たる権限の1つとして、犯罪者または容疑者を逮捕する事があります。
我々探偵には「公権力」を根底とした逮捕権はありませんので容疑者を逮捕することは出来ません。この点は大きな違いと言えます。
しかし基本的には、
「現行犯であれば、一般市民である我々探偵や、あなたでも逮捕は可能」です。

 まず「逮捕」を大辞林で調べると、「捜査機関または私人が、被疑者の身体の自由を拘束し、引き続き一定期間抑留すること」とあります。
 ※捜査機関とは、勿論この場合、もちろん警察の事です。
  私人とは、警察官以外の一般人、あなたや我々探偵を指します。
  被疑者とは犯罪を犯した可能性が高いと疑われる人物の事です。

 次に「現行犯」を調べてみると、「現に行い、または現に行い終わった犯罪。またその犯人(現行犯人)」とあります。
 つまり、犯罪の現行犯は、誰でも、あなたや我々探偵でも逮捕できるのです。

※補足として憲法上、現行犯(現行犯逮捕)以外は、裁判官の発する令状を必要とし、通常逮捕・緊急逮捕の二種があります。

 私たち探偵は、一般の皆様から依頼を受け調査する立場ですが、事件としての犯罪の証拠の有無や刑事・民事の区別無く、いかなる場合にでも調査に乗り出せます。
事実確認を調査し、犯罪の証拠を集め、弁護士を介して警察や検察へと法の執行を要請できるよう資料を作成し、警察や検察が捜査を開始するきっかけを作ることも行います。
※補足ですが、警察は刑事事件は取り扱いますが民事事件は取り扱いません。

 又、ストーカー犯罪等の現行犯の場合は、現行犯として捕まえて警察まで連れて行き、証拠写真や犯罪に使われた品々を犯罪を立証する証拠として提出することも行います。
警察は、あなたに身の危険が迫った場合に動き出す事が多いのですが、私たち探偵は、あなたに身の危険が及ぶ前に行動し、事実情報を収集する事で、身体的、精神的被害や金銭被害から守ります。

 たとえ被害を受けた後であっても、ご依頼があれば一から証拠を集め、被疑者(犯罪を犯した可能性が高いと疑われる人物)を特定できるような証拠を集め、公の場で証明する為の資料を作成します。

相談メール

本ページのトップへ移動

日本調査業協会会員
探偵・福岡事務所の紹介
福岡事務所が初めての方へ
ご依頼からご報告まで(福岡事務所)
当探偵事務所(福岡本社)の地図
ご依頼者の声(福岡事務所)
報告書サンプル(福岡事務所)
福岡の探偵・興信所コラム

探偵・興信所ブログ

[探偵事件簿-福岡]
探偵事件簿-福岡
私どもの日常をご紹介しています。
探偵ブログの更新情報 最新更新日:2017/05/25
■浮気調査 福岡の探偵-タバコがキッカケ(探偵事件簿-福岡)
■福岡の探偵 浮気調査と本当の終わり (探偵事件簿-福岡)

探偵なら福岡の無料メール相談

探偵業法関連

個人さま探偵項目

法人さま探偵項目

福岡の探偵・興信所 本支店

当探偵・福岡事務所の活動地域(福岡)
本支店ネットワーク
福岡本社
熊本支社
など2拠点を通じて九州全域にて活動しています。
福岡地区を中心に福岡県福岡市及びその近郊他、九州全域で活動する福岡の探偵・興信所です。

PAGE TOP ▲