提携弁護士の判断を通す個別の確実な裁判資料収集で、安心の探偵業務を実行する福岡県福岡市の探偵・興信所。

探偵 福岡-帝国法務調査室
◆離婚するべきか迷っているとき◆

仮にパートナーの都合のよい主張や画策によって、状況が悪化の方向へ進んだと しても、事実を把握しそれを証拠として握って「万全の対策」をとっていれば、 慌てず対処でき、結果的に不安は軽減されるものです。

一例をあげれば、「離婚するかしないか」の選択権は浮気をした上に離婚を求め る夫もしくは妻ではなく、浮気されたあなたの側にあります。
これは当然のことのようですが、実際には、証拠がないことを良いことにあつかましく自分の主張 を通そうとする例が珍しくありません。

幸いにも、あなたが浮気(不貞行為)に関する証拠を得ていた場合、浮気をした夫 もしくは妻は、法律上離婚の原因をつくった者、いわゆる有責配偶者となり、法 的に争う場面でも有責配偶者からの請求は棄却されること(問題をつくったあな たからの求めには応じられませんよということ)になり、不貞行為の証拠が浮気 された側の権利を保護する方向にはたらきます。
その結果、離婚するかしないかは浮気された側(あなた様)の判断に大きく委ねられることとなるわけです。


◆有利な離婚の進め方◆

もし、あなたが夫婦関係の継続をあきらめて離婚を望む場合であれば、調査報告 書によって浮気の事実をつかんでいれば、

  1. 浮気相手や浮気夫・浮気妻への慰謝料請求
  2. 子供の親権・監護権など大事な権利の保守
  3. 財産分与の協議(話し合い)を有利にすすめられる
  4. 婚姻費用分担請求(生活費の支給)

などの点で交渉を有利に勧めることが出来るでしょう。

◆裁判・訴訟上で受ける効用◆

上記のように、証拠(報告書)があれば、裁判になり、浮気問題が長期化すること は殆どの場合ありません。
かしこい証拠(報告書)の使い方で、とても簡単に問題解決につながります。
離婚後の生活をできるだけ豊かにするためにも、探偵・調査報告書の上手な利用 をおすすめ致します。


探偵コラムトップ

【全国無料相談窓口】
フリーダイヤル

0120-796-783
PAGE TOP ▲