GPSは参考程度・困難な浮気調査

最近は、スマートフォンやレンタルGPS等で位置確認が出来る事があるため、夫、妻の浮気現場をご自分でと考え尾行なさる方がいらっしゃいます。

結果、尾行が発覚して失敗。

友人まで巻き込み迷惑かけてしまった。

そんな状況の中、「浮気調査の依頼はできますか?」とのご相談が多くなりました。

例えばの一例。

妻の浮気を懸念され、ご主人様はある場所で待ち伏せしていたようですが、即座に妻に見つかり結果的には「近くの店迄来ただけ」と言い訳され、ごまかされたのでした。

一度疑われ警戒すると動かなくなるものです。

疑わしくても追及することを止めて、警戒心を解くことが大事です。

あるご夫婦の事例です。

奥様に疑念を抱いてからご自身で情報を集めた後、ご自身で尾行したものの交通事情等で見失ってしまいましたとの事でした。

それとなくその日の行動を聞いたのですが、見失った場所とは反対の場所を答えた奥様。

これで浮気を確信したご主人様はプロへの依頼を決断。

当探偵社へご依頼下さいました。

奥様の勤務は早出、遅出の2交代制。

調査当日は遅出で退社は20時。

勤務を終えた奥様は会社建物の従業員出入り口から出て来られていました。

直ぐ近くバス停に行かれると思いきや停車中の車に乗り込み移動されたのです。

奥さまを乗せた車は、とあるスーパーの駐車場へ入り、店からは一番離れた端の端に駐車。

外灯の灯りも届かない暗闇でしたが、車の中で男性とキスする姿が特殊カメラで撮られていました。

報告書を見られたご依頼者様からは暗闇で良くこんな綺麗に撮れますねと驚かれます。

私たち相談員は、当探偵社の機材は勿論、撮影の腕前と結果への執着心は何処よりも優れていると、調査員達を評価しています。

さて、浮気調査の事例に戻ります。

奥様の出勤体制、次に狙うタイミングは早出の日です。

勤務終了は16時。

前回のようにバス停近くで男性の車に乗り込む姿。

そのままホテルへ直行。

追加で浮気の証拠を取得、不貞行為の証拠収集としては充分となりました。

『やはり餅屋は餅屋。プロに任せた方が精神的にも楽ですね』とご主人様の言葉でした。

男性の身元判明についても追加調査を実施、

ご主人様の情報から氏名の確認、住所等が判明しました。

相手男性は奥様の勤務先の系列会社に勤務する既婚者男性でした。

勤務体制を知り得る立場にあったようで、奥様と合わせた出勤体制を組み、不倫関係を重ねていたようで、立場を利用し安易に動いたのでした。

ご主人様は、奥様に即仕事を辞める事と、離婚の選択は出来ない事を約束させつつ、事に対して行きます。

「これからも確り家族を守って行きます。」と、男らしく対応なさり、相手男性にも家族がいる事まで考慮され、相手男性から謝罪と今後の関係を断つことと、妻の問題を複雑にして欲しくないとの希望を受け入れ、一先ずは許されたのでした。

今後は時間を掛け修復して行くと決意なさったご主人も、今年であれから6年目。

最近、ようやく妻の行動を信じることが出来るようになったと話されます。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。