雨の季節の浮気調査と当探偵の撮影技術

当探偵・福岡事務所の女性相談員・赤崎です。

沖縄・奄美地方が早くも梅雨入りしました。

雨の時季の張り込み、尾行は視界が悪くなりがちで厳しいと聞きますが、当探偵社の調査員の力には驚かされる事が多くあります。

数年前の浮気調査事例です。

単身赴任中のご主人様の浮気調査依頼が、関西にお住いの奥様からご依頼がありました。

単身赴任されて3年目の30代後半のご主人様です。

結婚6年目で福岡へ転勤辞令、当時、奥様も仕事に就かれていた事で仕事を辞めてご主人様と一緒に福岡へと考えましたが、奥様は仕事を選び、お子様と関西へ残る事にしたそうです。

福岡勤務も3年~4年と聞いていた事もあり、ご主人様が単身で福岡へ来られたのでした。

福岡勤務から3年目の頃。

そろそろ辞令が下りる頃とご主人様との同居を楽しみにされて居ましたが、丁度この時季、ご主人様から会社の事情で後数年は福岡勤務になりそうだと言われたとの言葉。

その際の言葉の走端に疑問を抱かれ、単身赴任先を訪ねた自宅内の様子から違和感を感じた奥様、思い返せばおかしい事も多いと浮気調査のご依頼を下さいました。

ご主人の居住地付近の張り込みや勤務先からの素行調査を当社独自の7日間パックで実施。

勤務先から出て来られたご主人は、ご帰宅後直ぐにスーツ姿からカジュアルな装いに変えて出て来られると、車で移動。

その日は大雨で車尾行もかなり難しい状況だったようですが、当探偵社の調査力が発揮されて、浮気相手らしき女性を助手席に乗せる様子が確り撮られていました。

その後数日続いた雨の中で、女性がご主人様の部屋に入る様子や女性宅近く迄送るご主人様の様子が撮られて、梅雨の時節の中で浮気調査による見事な撮影にて不貞行為が証明された事例がありました。

 

相手女性は、勤務先の取引会社社員と判明。

また浮気夫は、後数年の福岡勤務を希望し、会社に進言されていたことを認められたそうです。

単身赴任中の浮気が離婚問題になった事例は多くあります。

単身赴任中は、ご夫婦の絆が試される事になると聞きます。

離れて初めて気づく相手の良さでより深くなった絆。

離れてそのまま別れた事例等、色々なケースがありますが、実際、「離れていると生活が見えないから心配です。」と奥様や、単身赴任中のご主人側から、浮気調査のご相談やご依頼を頂く事が多いのも事実です。

留守を預かる奥様の浮気調査事例もあります。

この案件も雨の多いこの時季でした。

五十代後半のご主人様の最後の勤務先は東京本社。

長年住み慣れた福岡を離れたくない妻や子供達を残して単身赴任されたそうです。

数か月に1度帰福されたご主人が、奥様の服装、とくに派手な趣味の服や下着を着けるようになった事を知り、浮気を懸念されたのでした。

単身赴任先に帰られた後、奥様の素行調査を開始。

奥様の浮気が証明されたのは週末の2日間。

雨の日でした。

お子様には女友達と言いつつ、パート先の上司である既婚男性との不倫旅行だったのです。

不倫には雨が隠れ蓑になると勘違いでもしたのでしょうか。

退職後は住み慣れた福岡で、妻と二人で旅行や趣味を楽しみたいと言われていたご主人。

離れて暮らし始めて妻の有難さを知ったのも事実。

「一度の過ちは許し、今後の事はゆっくり話し合いながら良き方法を見つけます。」と話された事を思い出します。

 

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。