浮気調査 福岡の探偵「浮気夫は女へ別れると言えない」

本日は、雨です。

明日からは寒の戻りで少し寒くなるようですが、風邪に気を付けて頑張りましょう。

浮気夫の尾行、浮気調査を実行して答えを得た後、当然、夫婦間で話し合いをしますよね。

謝罪があって、すまなかったと反省、家庭を顧みるパターンもありますが、そう簡単ではない。

だからしっかり証拠を撮って最悪突きつけたいって思うもの。

「謝らない人」「平気でウソをつく人」って奥様から話が出て来ると、浮気夫が奥さんへどう対応して来るか自ずと見えて来ます。

浮気している事が分かった。

不倫相手の女とラブホテルに行ってるところも確認し、不倫夫も女がいる事は認めた。

だったら後は、不倫女にメールしたり、ラインしたり、または電話する等して「どう云うつもり!?」と責めたいところです。

衝動的に、動いてしまわれる方もいますが、その辺りは浮気夫の必死な抵抗によって、「自分で別れて来る」と云う夫に任せる訳です。

この辺りは、情が出てしまってそこまで言うならとほだされてしまう。

もう絶対に連絡を取り合ったりはしない。

絶対会わない。

家庭を壊すつもりなんてなかった。

会社の同僚や部下なんかと不倫してた場合は、立場もあるしって事で、夫本人の言葉を信じてみるしかなかったりもします。

しかし、この辺りは非常に大事なところで、浮気夫が女を「きちんと切って帰って来る」のか、「こそこそ関係を続けているのか」なんて処は、夫にゆだねられてしまうと云うことになってしまう。

ゆだねた結果、まさかの離婚を言って来る事だって考えられる訳です。

今日のテーマ「浮気夫は女へ別れると言えない」です。

考えてみてください。

浮気夫は、決して『女とは別れないって言って来る事は無い』

火に油を注ぐようなもの。

離婚するにしても、離婚しないにしても、
『女とは別れた』
だから「もう一度ちゃんとやり直したい」なのか
「離婚したい」なのか、
パターンはいろいろありますが、いずれにしても妻を納得させる為や慰謝料を請求させないよう気をそらすためにも、「女とは別れた」とは必ず行って来ます。

実際、この辺りは水面下の事で、内情は分からない。

夫婦間が、離婚する離婚しないのいずれかであっても、本人にゆだねていたら、殆どのケース、水面下で女とつながっています。

キッチリ話を付けて終わらせないといけません。

不倫女とは別れたと言って帰って来て2~3ヶ月、気が緩むころなのか、ポンと入っていた不倫女とのメールやラインとのやり取り。

なにか関係を示すような内容では無いんだけど、「やっぱり続いてたのね!」と問い詰めるものの、あーだこーだと言って絶対認めようとはしない。

離婚に進んでいて開き直っている場合は別にして、別れると約束したじゃないのと問い詰めても「俺にもわからん・・・」と黙るのが本音。

非常に優柔不断。

自分で断ち切って帰って来るなんてケースは極めて少ない訳です。

浮気相手の女は、大ごとにならないように必死で浮気夫に訴えかけて、陰に隠れてる。

連絡は取らない、だけど取らないと不安だし、いつ訴えて来るか考えると不安で、繋がっておいて上手に情報を聞いて不倫相手の男(浮気夫)を操作したいって考える、したたかな女もいる位で、優柔不断で右往左往しているのは浮気夫だけじゃない。

ほとぼりが冷めるまで待つ気なのか、なんなのか相手の女は切らなきゃなと思ってはいるものの、こっちからは言えないし、妻は女を切る約束をして以来信じて待ってるし、関係も少しずつ良くなってる。

そうなると、また連絡方法を、こっそりと、ちゃっかりと隠し持っいて、秘密に連絡取り合って、半年後にまたまた再燃なんてよくある話なんです。

浮気夫がする「女とは必ず別れる」なんて約束事を信じたって意味がない。

徹底して問題解決に務めるためには別の方法を取って、女を表に引っ張り出すしか無い。

同点を徹底しなければ、家族としての本当の再スタートを切る事は難しいものでしょう。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。