浮気調査 福岡の探偵・興信所「浮気夫が離婚したいと言って来た」

夫が浮気している事をはっきり自覚したタイミングは色々あるわけですが、殆どのケースは身の回りの事で見知るもの。

メールを見た。

バッグに手紙があった。

休日出勤や、繰り返される会社や友人との飲み会や外泊。

そりゃあ当然、浮気には気付きます。

どの段階で浮気しているのに気付いたのかによっては、浮気相手の女性との関係の進度も変わっている訳です。

これは今まで繰り返しお伝えしてきましたが、浮気も悪化する前にできるだけ早く対処した方がいいもの。

しかし、見て見ぬふりをして過ごして行くと、どんどん悪化して末期的状態になります。

気付けば、夫から『離婚して欲しい』と言って来た場合は後半戦に突入しています。

まして、『女がいるから離婚して欲しい』なんて言って来る浮気夫もいるもので、自白すれば許してもらえるだろうなんて、本当に自分本位で利己的な男だっているものです。

浮気も初期の頃は、浮気相手の女へは、「妻とは関係が悪い」「離婚も時間の問題」なんて事を言いつつ不倫を続けている訳で、不倫女は非常に不安とストレスを抱えつつ毎日を過ごしています。

これも積み重なり、時間が経つと、図々しくなって来るもので、『奥さんとはいつ別れるの?』としつこく激しく言うようになり、最後は詰問する段階へ突入です。

最後は、ようやく浮気夫の口から妻へ「離婚して欲しい」と突然の告白。

不倫相手の女は、ようやくスタート台に立った気分でしょう。

不倫相手の女が、どの程度考えているのかは、その辺りから分かって来るんです。

単なる遊びなら、奥さんには絶対にバレたくないのが普通。

なんとなく自分の存在をにおわせるようなものを残して行くようになるのは、浮気夫との将来を夢見始めた証拠なんですね。

車中に落ちてた口紅付きのタバコの吸い殻、女物のハンカチ、ヘアピン・・・。

妻が目にするであろうプレゼント、手紙など、自己主張が強くなって来た時は徐々に本気になってる証拠です。

妻に自分の存在に気付いてもらって、浮気夫に『離婚』を言わせたい不倫女のキッカケ作りの気持ちがどっと乗っかってるんです。

そこで、浮気夫が、妻に自分から自白して、離婚を言い出してる状態を考えます。

夫は、その時点ですでに随分迷って来た。

元来、自分から浮気を認める夫はいません。

でも不倫相手の女から再三繰り返される背中たたきに、ようやく重い口からついて出た離婚の言葉と不倫の自白。

末期的状況なんですね。

浮気を自白して離婚してくれって言えば、さすがの妻も受け入れてくれるだろうって思ってる時点で自己中心的で利己的な浅はかな考え。

しかもそれを本気で言って来る。

「離婚しない」「考えられない」「相手はどこの誰?」なんて問えば、『家を出て行く』なんて言い出して、もう手も付けられません。

実際に家を出て行けば、スケジュールもなかなか分からず、調査も難しくなってくるもので、どうにか早い段階で結果を出して、解決に向かいたいところなんです。

末期的な状態であっても、離婚しないと云う意思をお持ちであれば、絶対に折れない事。
どんな理不尽な事をされても、離婚しない覚悟で相対して行くことが必要です。

ここまで来ると反省して改心してサッと帰って来るとは言えませんが、『絶対に離婚はしない!』と云う強い意志と、色々言われてもサラッとかわして、戦っていきましょう。

証拠さえあれば、離婚は拒否できます。

家族を取り戻すチャンスを握って、共に取り組んで参りましょう。

いつでも結婚調査・浮気調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査に出動致します。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思いますが、多くのご相談者の方々と問題解決に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。