浮気夫との離婚-離婚後の生活が不安な妻

厚生省の統計から昨年は23万組近い夫婦が離婚しているとありました。

特に中高年が7割。

其の中で結婚35年以上が2割とあります。

60歳前後の男女が何らかの理由で離婚しているのです。

当探偵社へのご相談の中には、「離婚したい」でも「離婚後の生活が不安」と云う理由で離婚に二の足を踏む女性が多いのも事実。

一日も早く離婚したいと思う気持ちが強く、慰謝料・財産分与もないまま離婚を強行した方もいますが、後悔していると話す方もいます。

夫の浮気癖に程々愛想がつきて離婚を考えた60代女性が当探偵社へご相談に来られた事例です。

結婚32年のご夫婦。

「浮気は男の甲斐性」などと親戚の集まりですら浮気を自慢げに話すバカな夫に、忍耐強く我慢された奥様。

子供の独立を機会に離婚を決意されました。

これまで浮気の証拠をお持ちでは無い為、最後にハッキリと証拠を突きつけて、慰謝料や財産分与の訴訟を起こしたいとの事で当社独自の浮気・不倫調査の10日間パックを利用された事例です。

浮気は男の甲斐性と古臭い事を言うご主人は、年齢よりは少し若く見える昭和生まれのちょい悪おやじ風の男性。

週末の金曜日は、勤務後、お車で移動され、ある居酒屋の駐車場へ停め入られて一人でカウンター席でお酒を飲みながら食事をする姿確認されました。

その日は女性との接触も無く代行運転で自宅へと帰宅。

奥様曰く「こんなところで飲んでいたのですね」と日頃知らない夫の姿をご覧になりました。

その後数回同じ居酒屋での飲食が続き女性との接触はないかと思われた某日、同じ居酒屋で隣に座る女性の姿を確認されました。

その後店を出られた二人は居酒屋近くのホテルへ入室して行きました。

確たる証拠をと奥様の意向で延長して浮気調査を実施。

更にラブホテルを繰り返し利用する姿と共に、女性の身元確認も完了した状況でした。

浮気しても離婚はしないだろうと高を括っていた浮気夫でしたが、奥様は証拠をもとに離婚訴訟へ。

1年後、無事離婚成。

慰謝料は奥様の要望した金額で財産分与も考慮され満足行きましたと感謝された事がありました。

最悪離婚問題に発展する男女の問題は有責配偶者に対して立証する責任があります。

立証することで少しでも金銭面を充実させ、離婚後の生活の不安を軽くしたいものです。

離婚後、生活が困窮して体調を崩される方も多いとか聞きます。

悩み迷われておられる方はぜひご相談下さい

 

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。