探偵 福岡の浮気調査「不倫夫の浮気隠し」

 浮気してる夫の多くが、浮気のきっかけを、妻がある時、夜の営みを拒否した時から考えが変わったと言う方が多くいます。
はたして本当なのか、理由が妻にも少しは責任があると話をすり替えて、少しでも責任逃れしたいだけなのか。

この辺りの真実は、の夜の営みも、一緒に長く住んでれば遠くもなりますし、子供がいれば必要遠のくもの、そんな夫婦はたくさんいる訳です。

できるだけ自分の罪を軽くしたいのが人ですが、その嘘に真実が隠されている。

そこで今日のテーマ『不倫夫の浮気隠し』です。

不倫した代償としては、皆さんが想像するに、離婚だったり、慰謝料だったり、裁判だったりと、人によって結果は違います。

しかし、結局、離婚しない夫婦だと、夫は浮気したものの、妻からは離婚請求も慰謝料請求もない。

責め苦が無ければ「あっ」と言う間に決着が付いてしまいます。

人によっては、『なんの痛みも無い』訳です。

ここで妻が、『私も悪かったから』なんて事を浮気夫に言うとします。

すればどうでしょう。

浮気は許された上、居心地まで良くなってしまっている。

これだと何の反省もありません。

勿論、夫婦間の事において、『私も悪かったから』と思うのは大事なこと。

反省無くして成長はありませんし、二度と浮気させないためにも変わらなければいけない点はある。

でもそれだけで終わっていてはいけません。

『私も悪かったから』と云うのは心で思って、浮気夫に言うべきでは無い。

いや、言うべき時は、本当に不倫夫が反省して二度と浮気しないと思えた時なんです。

はじめて思い遣りの気持ちを伝い合える時こそ口にして頂きたいんです。

優しい妻ほど損してる。

絶対あってはならないことです。

今は責任をしっかり追求して反省を心に沁みさせるとき。

来たるべき時に備えて、あなたの優しい言葉は取っておきましょう。