愛人側の抱えた気持ちと探偵への相談内容

西日本豪雨、死者120人、不明81人 この最悪の災害により犠牲になられた方のご冥福をお祈りします。

災害も含め、外敵に相対した時に、家族は一致団結するものですが、『愛人』の立場になると一人である事の孤独感を感じる処でしょう。

それでも愛人である彼女にも父がいて母がいるはずで、そうした関係に至る原因の1つとなった浮気夫が最も責任は重いもの。

成敗してやりたいところですが、今回は突然の女性からのお電話。

不倫って知ってて関係してる独身女性で、いわゆる『愛人』側からのご相談。

「浮気の問題で・・・」と小声の女性に、『ご主人の浮気の問題ですか?』と当探偵・福岡事務所の相談員。

すると女性は、「違うんです。浮気している側なんです。」や「実は不倫してて・・・ダメですか?」等の問い。

そう、本気で彼は私のところに戻って来ると信じている『愛人』さん側からのご相談です。

 

「浮気しててーー、バレちゃったんですけど、携帯電話とかLINEとかからって名前とか住所とか分かっちゃったりするんですかーーー???」なんて完全なお悩み相談だったりすると、『そりゃバレますね。悪い事しちゃってますよ。』と声を大にしてプチお説教が入って来るのが当探偵・福岡事務所の相談員「A崎」さん。

声が冷たくなっちゃってますから、恐すぎです。

しかし、中には真面目な印象の女性もいてほだされる相談員さん。

不倫相手の男は、「妻には離婚の事は話してあるがなかなか同意してくれない」って言ってるケースや、「妻は他に男がいる」と言ってかわいそうな男のフリをしてるケース、「既に家庭内別居で離婚は時間の問題」って騙してるケースや、終いには「妻は病気で余命はあと少し」なんて云ってる不倫男もいる。

色々な騙しのテクニックを駆使して出来るだけ愛人との関係を長引かせたい浮気夫。

若さ故か、バカなのか、完全に騙されている女性。

不倫相手の男の妻が、浮気調査を依頼したら1発で答えが出るパターンで、外では腕組んで歩く典型的な夢見る女性の姿がありありです。

説教されれば『勿論、妻がいるんだから絶対に不倫してはいけないって事は分かってます。でも本気なんです!』と泣き出す始末。

最初、男からは独身と聞いてて、関係が進んだ後から「実は既婚者」ってパターンで攻めて来る不倫相手の男は完全に女性の敵!ってことで、不倫女も悪いが、騙して引っ張ってる浮気夫の化けの皮ははいでやりたいと、うちの女性相談員さんも、社長に直談判。

『普段は彼女達は敵側なんですが・・・』と情が移ってしまい相談に乗り、愛人へのお説教と事実が思っているのと違ったら必ず別れるって約束して依頼を受けてしまうパターン。

はたして不倫男は妻との関係がどんな状態にあるのか、妻には離婚を切り出してあるのか。

ありえませんが、「妻の余命はいつなのか?」などガッツリ調べて行きます。

数は少ないですが、当探偵・福岡事務所で受けた身元調査でも、80%近くは離婚は無しは出ていない。

「病気で余命が・・・」なんてケースは0件。

離婚話は出ていない上に、妻は妊娠中で週末は妻の実家で、付近を手繋ぎで散歩してたなんて事もあって、『愛人さんだまされてますよ。』と云うケースは大いにあります。

はたしてこれは愛人と呼べるのかどうなのかと云う事になりますが、愛人側は「自分は愛人なんて軽々しい存在じゃない」なんて思っているようですが、結果的には調査結果報告を聞いて愕然としてます。

少なからず妻子があるって分かってて交際してる訳だから、響き的にも愛人なんて認めたくないのかも知れませんが、「納得して関係してる妻のある男との関係」なんですから、愛人って事を認めて、きちんと別れるべき。

この辺り、当探偵・福岡事務所の「A崎」さんが電話口で熱弁しているのをよく見ます。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。