徒歩尾行の困難な一面

徒歩尾行とは、言葉の通り、調査対象者を徒歩で追跡するものです。

夫や妻の浮気調査であったり、職員の不正や勤怠状況の確認であったり、結婚相手の生活状況や、勤務先判明行方不明者の帰途先や人探し等、あらゆる面で活用されるものです。

GPSや発信機などを利用した調査では、移動先が位置情報によって分かる訳ですが、徒歩尾行となるとそうは行きません。

調査対象者の移動先は、目視で確認し、追跡しなければならないためです。

「探偵は何でもできるんだろう?」なんてお言葉を調査代する事がありますが、現実はそうは行きません。

調査対象者のスマートフォンなどの位置情報が取れれば非常に楽なものだと思います。

しかし、そうした情報を取得する事はできません。

スマートフォンの位置情報を所持している者に無断で確認できるようにしていれば、不正に操作しなければならなくなります。

そんな事をすれば、不正アクセス禁止法違反の犯罪から始まって、様々な罪を犯す事になるでしょう。

幾ら探偵さんだからって、何でもしていい訳じゃない。

適法に合法な手段を用いて実行して行かなければなりません。

そもそも、違法な方法で取得した証拠は証拠採用すらされない事になりますから、第一段階でアウトとなってしまいます。

探偵もローテクな部分は昔のままに、再び『足でかせぐ』時代に突入しているのかも知れません。

徒歩尾行の場合は、まずは対象者の姿を確認する事になります。

こちらから見えていると云う事は、対象者からもこちらが見えているもの。

自身にやましい事があれば、周囲を警戒し、追跡者の有無には注意を払う事になるでしょう。

となれば、調査が発覚してしまう可能性が出て来る。

追跡の初動の際が、調査対象者の警戒心の山場ではありません。

違法・不法行為など問題行動の前、浮気調査なら不倫相手との接触時などには必ず不自然な警戒や目線が出て来ます。

そうした難しい場面の中で、相手に悟られず、そつなく追跡をこなすには、経験が非常に重要になってきます。

依頼人も、経験が未熟な探偵よりも、ベテランに調査を依頼したいのは間違いないでしょう。

しかし外形からは判別できないもの。

独自の方法で訓練すら受けず、ハンディカムやスマートフォン片手に撮影し、「撮影できなかった」と反省も無く、「どこの探偵だって同じもの」と三流の自己満足な態様で日々の調査に満足しているダメな探偵さんはたくさんいます。

意識の高い探偵さん達は、集まるものだなと思いますが、福岡県探偵調査業協会の中には意見を交換し合い、技術向上に努めている探偵がよく集まったものだと感心するばかりです。

調査のご依頼の折には、ぜひ多くの探偵事務所と面談なさり、色々なご質問の上、探偵選びをなってみてはと願っております。

広告だけを載せて、調査は地元の責任が取れないであろう零細会社に外注先しているクレームの多いA探偵さん。

きちんと福岡に職員を置いて、対応なさる事をおすすめします。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。