探偵 福岡「浮気相手が中洲のプロの女だと浮気にならない?」

夫の不倫でも、相手女性がプロ、夜の女性ならどうなるのか?と云う話。

2015年に東京地裁で争われた銀座のママと夫の不倫に対する慰謝料請求の判決。

なんと「不倫では無い」とされ、「不法行為ではないと訴えが退け」られました。

飲み屋の女性との浮気は、あくまで『枕営業』だって事になった訳です。

色々な疑問がありますが、では売春ではないのか、それを裁判所が善しとするのか疑問ですが、その辺りはクラブのママは商売として性的関係を持ったのであって愛情が入る余地はなく、夫婦の結婚生活を害したのではないと云う判断だったそう。

地裁から高裁と、上級での判断が気になりますが、今回は控訴されなかったそうで、完全決着とはならなかったとのことでした。

じゃあ、夜のお姉さん達と浮気しまくりの下のゆるい夫は、野放しなのか?と云う事になりますが、そんな事は絶対あってはいけませんよね。

要するに、結婚生活が害されていて、浮気夫と夜の女が愛情をもって関係している事が分かればいい訳です。

となれば解決方法は一つ!

ただならぬ関係である事を証明すればいい。

簡単ではありませんが、行動を監視する中で、店外でのプライベートな中での両者の様子を確認すると共に、面談し、関係している頻度を確認する。

妻が持つ間接的な浮気の証拠や関係を示すものを確り集めて、利用する等、色々と駆使して争い事に挑まなければなりません。

訴えた後に証拠を撮ろうと思っても、『警戒したり会わなくなったり』、『慎重になって油断しじゃじゃ漏れだった間接的な証拠をきれいサッパリ残さなくなったり』と、証拠撮影や収集は困難になります。

確実な証拠蒐集は、ご自身で思われる程、簡単ではありません。

絶対にバレたくない浮気夫とプロの女性と、奥様の真実の追及のせめぎ合いの中で、日常生活のやるべき事をしながら注力するには、チャンスやタイミングをものにする時間が必要になります。

お子様をお抱えの中で、ご自身で出来ることには本当に限りがあるものと思います。

私ども探偵は、皆様の手足となって、「浮気夫とプロの女性の悪だくみ」に対抗する証拠撮影・蒐集のプロとして、極秘裏に介入して行きたいと思います。

繰り返しとなりますが、少なくとも、浮気の事実を追求し、浮気夫が証拠隠しや警戒したりと云った行動を起こす前に、是非ともご相談頂ければと願っております。

 

当探偵・福岡事務所は、24時間365日、いつでも結婚調査・浮気調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査に出動致します。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思いますが、多くのご相談者の方々と問題解決に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。