浮気妻は夫よりも実に一枚上手

最近の浮気調査の男女比は、半々を超えて、浮気妻の追跡の方が多くなったんじゃないかと感じています。

依頼人の方とは毎日お電話でお話しして、浮気調査の方向性を決定して行くのですが、日の大半を男性のご依頼者と話しています。

勿論、夫の浮気調査も少なくはありませんが、基本的に隠すのが上手なはずの妻の浮気がこれだけ依頼人なっている事を思うと、世間の中に埋没している妻の浮気は、もっとこんなもんじゃないと感じると、ちょっと怖くなってきます。

妻の浮気は、余程の遊び好きな女性でない限りは、基本的に本気である事が多い事は再三話してきました。

夫から浮気している事の追及を受けても、止める事はありません。

寧ろ夫や家庭を捨ててでも不倫相手の男性のところへ駈け込もうとしてしまうのが女性です。

夫は、妻の浮気調査の後、証拠を得て、妻と相手の男を訴えてやると息巻かれ、妻を反省させたいと躍起になられますが、実に残念な形で終わってしまう場合があります。

そうです。

浮気妻が反省していない。

もしくは反省したフリをしている。

と云う夫が思っている事とは違う心情にある事が結構多いんです。

勿論、反省して家庭に帰る奥様もいらっしゃいますが、今回は反省しない浮気妻にスポットをあてます。

とてもじゃありませんが、「気の迷いだったの・・・。ごめんなさい。」なんて言葉は出て来ません。

仮に夫に過去に不倫していた事実があったとすれば徹底して突いて来る。

昔の夫の不倫を持ち出して、「そもそもあの頃から夫婦関係は破綻してたのよ。」ってインターネットか何かで得たような知識で攻めて来ます。

当然、反省して戻って来ると思っていた夫は、ビックリする。

話し合いしても答えは出ず、妻が知りたい点の質問責めに合う。

要するに夫がどんな証拠を持ってるのか気になり、再三質問して来る。

浮気相手の男の身元調査等行っていて、少し情報をはなそうものなら、もう質問責め。

浮気の証拠を飛び越えて、不倫相手の男がどんな男なのかって情報に興味があって、グイグイ質問して来ます。

夫は、最近では会話すらなかった妻からの質問に、最後は気持ち良くなってしまって、調査して知りえた事を全部話してしまう。

言わないようにと釘を刺してあいた内容まで喋ってしまって、全部の情報を抜かれて、その後は会話すら一切無い、せっかく生やした戦いの芽を、不毛地帯のように全部抜かれて我々のところに戻って来られます。

そこで夫は考えられます。

『妻は、不倫相手の問題点を知ったのだから、きっと別れるだろう。』と。

しかし、実際そうは必ずしもなりません。

浮気妻は、お金のトラブル、女のトラブルが他にあろうとも意に介す事なく、気にせず関係を続けています。

再調査でまだ男と続いているかと浮気調査を続行する事がたびたびありますが、かなり巧妙化し行きます。

浮気しているか否かを確認する事が容易ではなくなる訳です。

時間がかかるため、夫は浮気妻が不倫を止めたのかと安心し始めると、妻を失う不安が薄れ、やっぱり離婚すると息巻かれる訳ですが、そんな気持ちを余所に、結果はひっくり返ります。

実に巧妙化するとお話しした通り、徒歩で外出して出先で接触し、ラブホテルで密会するケースをたくさん見て来ました。

やはり不倫は続いていたとなると、妻が惜しくなるのか、離婚と息巻いていた夫の意見は引っ込められ、不安が全面に出て来る。

もう気が気ではない訳です。

そんな中でも浮気妻、いや本気妻は実に淡々と不倫相手の男との関係を温めようとしていたりするものです。

この辺り、実に我々男は単純な生き物だと反省させられます。

そうならぬよう、我々探偵は、皆さまを支え、リスクを説明しつつ、事に当たって頂けるようご進言差し上げながら対応して行ければと
願っています。

 

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。