妻の不倫相手が言う「お前が一番」のたわ言

春は、一年で女性がかがやき一番美しく見える時期と言われたりもしますが、男・女とも心も服装も軽やかになる時期です。

「私は俺はモテ期」と勘違いしている、軽いを通り越して浮ついている浮気妻・浮気夫が多くなって来ます。

友人同士の集まる場所で自分はモテ期だと誇らしげに話す恥知らずの浮気妻・浮気夫がいますが、パートナーを裏切っている裏では、地震が裏切られているかも知れない。

そんなお話ですが・・・浮気妻の場合「お前が一番なんだ」と言われ、この人は私を必要としてくれると思い始める事が、身も心もゆだねてしまうキッカケ。

独身時代を思い出し恋愛感情に浸るようになり、夫や子供の存在を鬱陶しいと思う事もあると話す不倫妻もいました。

そもそも不倫や浮気に走る妻には、夫への不満や、子育てからのストレスからの逃避が多くあると感じます。

夫への不満=お前が一番と言ってくれる相手に惹かれて行くのは女性の心理です。

その後は理性が働くか失うかによって浮気、不倫に走るのではないででしょうか?

中には持って生まれた男好き(浮気癖)の方もいます。

数年前の話しです・浮気妻が2人の子供を置いて出ていく、、、その後離婚に至った調査事例があります。

パート勤務を終え帰宅後、小学低学年・幼稚園児をおいて出かける妻の素行調査。

ご依頼者は夫ご自身。

週末土曜日に出かける様子と情報が入り、調査員は自宅近くでの張り込みを開始。

夫はサービス業で週末は仕事のため、思い返せばこれまで繰り返し外出していた可能性もあったかも知れない。

土曜日はお子様も休みで自宅にいるはずですが、自宅から出てきたのは奥様一人。

玄関奥から母親に手を振る子供達の姿が見えていました。

妻は、自宅近くの大型スーパー方向へと移動、敷地内のパーキングの影に駐車中の車へ乗り込む姿を確認。

運転者は妻より一回りは若い男性。

その後、二人でホテルへと入る姿が確認されました。

後に夫から事実を突きつけられた妻。

直ぐさま夫へ悪態をついて激昂し、家を飛び出して行かれたのです。

出て行かれてから1ヶ月後には奥様から弁護士を通じての代理人通知と離婚調停の申し立て。

お子様の親権放棄をされ男性との生活を選んだのでした。

依頼人である夫は、離婚に同意。

離婚成立後、奥様は相手男性と結婚する約束でもあったのでしょう。(年齢的に妊娠は無いそう)

非常に離婚を急いでいました。

しかし相手男性には、妻子が居ることが判明。

又相手男性は妻との離婚は考えていなかった事を、我々探偵の調査結果で知った奥様は、相手男性の「お前が一番」の甘い言葉に「この人は私を大事にしてくれる」と思い込み、母で有り、妻で有ることを忘れてしまった事に後悔したそうです。

子供ながらに自分たちを置いて出かける母親をどんな思いで見送っていたのでしょうか。

男女の問題で子供が犠牲になる事件がありますが、若い母親が浮気相手と遊ぶため我が子を置き去りにして死亡させた事件を思い出します。

母心より女心を見せた結果、子供が犠牲になった事件があまりも多く、悲しい事この上ありません。

又、母心の強い女性は、浮気する事となっても子供は手放しませんし、万が一夫が浮気したとしても子供第一に考えて、すぐに離婚を選ぶ事は少ないです。

お子様が犠牲になる事だけは避けたいという母親の心理でしょうか。

いずれにせよ、男の性(さが)が見え隠れする「お前が一番」と云う言葉にダマされる・・・いや、惑わされる事の無いように注意しましょう。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。