相続人となった家族の行方探し・住所調査

当探偵・福岡事務所の女性相談員・赤崎です。

私事で先日父親の法事を行いました。

親孝行したい時には親は居ないと言われますが本当にそうですね。

高齢化社会で孤独死や相続問題等で醜い争いに発展するケースもあります。

親の高齢化に伴い相続人探しのご依頼も多くあります。

祖母の死去により相続人となったご依頼者の母親。

子供である依頼人が母親に代わってご相談にいらっしゃいました。

ご依頼者の母は、2人兄弟だったそう。

伯父である母親の兄は、大学卒業と同時に音信普通になり30年が経過。

高齢の母親の介護で苦労している姿を見て来たご依頼者様は、財産は母親が相続して当然と思われたそうですが、勿論、相続財産は遺留分等もありますし、伯父に無断で母親に相続させるなんて事は出来ません。

色々あっても祖母の息子であり、相続人であると云う事で、お母様とご一緒に伯父の人探し・行方不明者調査をご依頼されました。

お持ちの情報から調査開始。

卒業されたと思われた大学は中退され、その後の行方が厳しく調査も難航しましたが、「名前のみ」から調査を進め、伯父さんには縁も所縁も無い関東地区に居住している事が分かりました。

生年月日も一致する関西在住の方である中、伯父との一致確認を実施した処、本人で間違いがない事を確認。

ご結婚され、ご家族が居る事も判明。

その後、祖母の死を伝えた処、連絡しなかった事への後悔と共に、ご霊前で親不孝を謝罪され涙されたそうです。

大学を勝手に辞め、親に合わせる顔が無いと思いつつ30年が過ぎ最後まで心配していた母親に申し訳ないと悔やまれていたそうです。

まさに『孝行したい時に親は無し、さりとて墓に布団は着せられぬ』と言われる通りでしょう。

遠くに居れば時にお墓詣りをしてはいかかでしょうか。

上記のお客様のように相続問題で疎遠になられたご兄弟をお探しになる方も多くいる中で、遺言書偽造や財産隠蔽(預金・現金)を行い一人占めを画策する方もいます。

遺言書、預金引き出し等の筆跡鑑定のご依頼も時にあります。

高齢者社会の今家族の争いの元になる財産管理はしっかりやって居たいものです。

今世の高齢者はバブル時代の真っ盛りを過ごした方々。

性格的に強気の人が多く、私は(俺は)簡単に騙されないと思うものだそうです。

振り込み詐欺に合う方も強気の性格が要因の一つになっているとも言われているよう
です。

昨年は、被害額390億円と言います。

高齢者はとかく信じやすいものですから、周りがシッカリ注意して防犯に努めましょう。

 

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。