初恋相手や元恋人に会いたい時に

「初恋の人は今どうしてるんだろう。」って思い出す事ってありませんか?

懐かしき思い出はあれど、形はいろいろ。

恋が実った場合もあれば、片思いの場合だってあるものです。

どうすれば相手に会えるかと考えた場合、手っ取り早いのは探偵事務所の人探し・行方調査の利用。

名前さえ分かっていれば、取り合えず調査に着手する事はできます。

全国単位で同姓同名の人物をズラリと探し出す事は可能です。

一先ず得た情報の住所に、未だに住んでいるか否かで難航具合が変わってきますが、取っ掛かりが出来れば、あと探し出すまではラストスパート、再会は目前にあります。

情報はあればあるほど良いもので、名前だけより、生年月日だとか、携帯の番号だとか、勤務先だとか、手がかりがあればある程、本人を特定する材料になる訳で、同姓同名を片っ端から当たって行くには困難が多いものです。

探偵の情報力は、中にいる者が一番良く分かっていますが、当探偵事務所の人探しの能力は他社より一歩抜きん出ているなと自画自賛出来る程、一調査員として社の情報力に感心しています。

『あれこれ悩むより、サッと動いて、「どこにいるのか?」って事で悩まれるより、「どうやって再会するか?」って事に頭を使った方が良いんです。』
と言われていたとあるご依頼者さんのお言葉を思い出します。

さて、再開と行方探しの為に自身で同窓会をお開きになられた女性のお話。

 

色々模索して考えたのが同窓会だったそう。

小学生時の初恋から30年が経ち、同窓生はみんなバラバラで連絡できるのは2~3人だった中、1年がかりで行った下準備の末、同窓会開催となったそうでした。

出席した同級生の中には、お目当ての初恋男性の姿は無く、求めていた再会は出来なかったのでした。

そんな中、諦めきれない女性は当探偵社へご相談にお見えになりました。

初恋の人に偶然再会なんて機会はメッタにありませんが、中には偶然街中で再会した方のお話しも聞く中、「なぜ私は」と嘆かれる女性。

初恋って、その人にとっては特別な思い出となっているものです。

初恋の人と再会して又好きになりました言うケースは偶にあります。

再会時、素敵になっていたら嬉しいものですが、がっかりする例だって当然あるでしょう。

ご相談の女性は小学生時の初恋の男性に、中学、高校と恋心を抱きながら、青春時代を過ごしたのだそう。

その彼と再会したいと30年ぶりの同窓会を主催してまで再開を熱望なさっていらっしゃったのですから、その強い思いを感じます。

意中の男性探しは、当初難航が予想されました。

各同級生間ですら行方が知られていない訳ですからその予想が当然ですが、意外とあっさりと判明。

依頼人女性からの情報により、出身高校は分かっていましたから、同窓会名簿を入手し、住所を入手。

さらに独自のルートから現在の住所を探し出すまでに、そう時間はかかりませんでした。

結果、隣県にお住まいである事が判明。

男性は結婚されていました。

しかし、後悔はしたく無いと同級生へ相談、相談した同級生の心配りから自然にその男性と連絡が取れ、『お邪魔かなと思いましたが・・・』と言いつつ、男性宅を訪問。

男性ご夫婦と依頼人女性、他の同級生と共に、昔話に花を咲かせられたようでした。

こうした懐かしんでの再会であればなんの問題も発生しませんが、同級生と再会した後不倫関係になるケースもよくあります。

同窓会が不倫のキッカケとなり、浮気調査の対象となるケースはよくあるもの。

過去は誰にでもあるものですが、既婚者であれば、昔の良き思い出として心にしまっておいて欲しいものです。

 

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。