ネットの女性と交際-夢の支援が実は怠惰な生活

こんにちは。女性相談員の赤崎です。

年齢も40代から50代後半となると、社会的にも役職に就き、働き盛りの年齢です。

体力的にも充実し、金銭的や時間に余裕のできる年齢。

ちょっと冒険してみようかと風俗店通いから始まり、援助交際等に走り、最終的には離婚問題迄になった男性も多く見て来ました。

ある50代の男性からのネットで知り合った交際相手女性に関する素性に関する調査依頼

尾行・事実関係などの調査事例です。

お金の余裕がある事や、妻子とは離婚し、子供も既に成人した事もあってか、余裕があった依頼人。

サイトで知り合った専門学校に通う女性の夢を叶えてあげようと援助交際をしていました。

援助交際とは言え、男性曰く男女の関係はなく会ったことすら無いとの事。

事実、女性とは一度も会った事は無く、出会ったサイトを通じてや、ラインでやり取りしているだけでした。

依頼人が語る交際相手の女性像は、苦労人の優しい弟妹思いの女性。

女性は父母を亡くし、毎日苦学しながら、妹と弟を育て暮らしていると聞きました。

そんな中、夢を語っていた女性からの連絡が、突然、理由も無くプッツリと途絶えた時期が有ったそうです。

数か月後連絡が取れるようになった時、女性曰く妹が大病していたと聞かされた男性は、言い知れぬ違和感を感じられたそう。

実はウソをつかれているのではないか、仮に本当だったのならば、このまま夢への援助は果たして女性の為に良いものか、と考える様になると共に、本当に語るような生活状況にあるのか知りたいと思われたのが、ご相談のキッカケでした。

男性は関東にお住まいで、女性は福岡市内に居住。

生活状況を確認すれば女性の夢に向かう姿が確認出来ると思われたよう。

調査は女性の通う専門学校、自宅付近での張り込み、情報収集となりました。

調査期間は10日間。

週初めの月曜日、専門学校へ入る姿を確認。

授業終了後はアルバイト先の居酒屋へ出勤。

勤務を終え、店の閉店後数人の男女と出て来た女性は、一人の男性と手を繋ぎ歩く姿がありました。

その後二人は女性宅へ入室。

消灯となりました。

同居していると聞いていた妹が自宅にいる様子は無く、女性が、男性と帰宅時には消灯されたままでした。

その後の情報調査では専門学校は週に2日だけ、実は両親は他県に居住し、健在で慎ましく生活している状況が確認され、聞いていた妹や弟も実家暮らしでした。

女性は夢より交際相手に夢中なようで、真面目な交際を思い、依頼人との連絡を絶ったのでしたが、親からの仕送りだけでは金銭苦となり、再び依頼人へ連絡し、お金を要求したのです。

元々、女性が金銭苦に至った原因は『パチンコ』でした。

見た目は依頼人から預かった写真の女性で、見た目も真面目な印象の女性でしたが、週に3度はパチンコへ出掛け1度に3万、5万と使うギャンブル狂いの生活状況。

事実を知ったご依頼者は後日福岡へ来られて、相手女性の真意を確認。

女性はバイト先で知り合った男性と同棲を認め、結婚の約束を交わしているとの事。

そうした女性の不真面目な考えの上に成り立っている男性との交際が、果たして正しい交際、婚約と発展するのだろうかと疑問でなりませんが、女性はそう信じていたようでした。

『頂いたお金はいずれ返しますから・・・』とあての無い気の長い返済の言葉。

『借用書を書いてくれ』と言われたようですが、黙り込んだため、依頼人は「信じた俺がバカだった」と諦められたのでした。

ご依頼者男性と夢を語った女性にしてみれば、遠距離で都合の良い金づるだったのでしょう。

男性曰く『ちょっと足長おじさんになった気分でいましたから』と悔しさを隠しておられました。

 

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。